しいたけの栽培のために覚えておきたいこの5つ

しいたけの栽培のために覚えておきたいこの5つしいたけの栽培の仕方について、知りたいという人はとても多いです。しいたけを栽培することが出来れば、日々の料理にも使えて便利ですよね。

何より自分が栽培したしいたけを調理して食べるのは、スーパーで購入するよりも何倍も美味しい気がしてしまうものです。

そこで今回はしいたけの栽培について、覚えておきたいことを5つ紹介していきます。しいたけを栽培しようと悩んでいる人は、参考やヒントになるはずなので、これから紹介していくしいたけの栽培に対するポイントをチェックしていきましょう。



 

しいたけの栽培のために覚えておきたいこの5つ

 

しいたけの栽培方法は大きく分けて2つある

しいたけの栽培をするにあたって、2つの栽培方法を知っておくと良いでしょう。一つ目は原木にしいたけ菌を植え付ける栽培方法で、二つ目は室内でも簡単に栽培出来るしいたけ栽培キットを使った栽培方法です。

一つ目の栽培方法は場所が必要だったり、用意が大変だったりするので、気軽にしいたけを栽培したい場合には、しいたけ栽培キットを利用するのがオススメですね。

特にしいたけは屋外での栽培が良いとされているので、屋外で育てるのは難しい、屋内で気軽に育てたいという場合にはしいたけ栽培キットなら気軽に室内で栽培を楽しむことが出来るのです。

 

しいたけ菌は秋頃に植え付ける

しいたけを栽培するにあたって、しいたけ菌を植え付ける時期は必ず知っておかなければならないポイントでもありますよね。

しいたけ菌を植え付ける時期を間違ってしまうと、しいたけが上手く育たず、栽培が出来なくなってしまいます。

しいたけ菌の植え付けに最適なのが、11月頃から翌年5月頃までの間です。少し肌寒くなる時期に植え付けると覚えておくと覚えやすいのでオススメです。

しいたけ菌の植え付けは、ナラ、クヌギ、シデ類などの原木に穴をあけ、しいたけ菌が付着している種駒を打ち込むだけです。しいたけ菌が付着している種駒はホームセンターなどでも売っているので、簡単に手に入れることが出来ます。

また注意点として、余った種駒は翌年など、時間が経過すると使うことが出来ないため、余らせないように原木に穴を開け、植え付けるようにしましょう。

 

菌が予め植え付けられている原木を利用するのもオススメ

しいたけの栽培は、最初の原木にしいたけ菌が付着した種駒を植え付けるのが少し面倒くさいと感じる人も多いでしょう。

確かに原木に穴をあけるのは少し大変ですし、ドリルのようなものが必要なこともあります。かなり準備が必要でもあるので、もし原木の入手やドリルなどの用意が大変だという場合には、しいたけ菌が予め植え付けられている原木を購入し、栽培出来るように育てていくと良いでしょう。

予めしいたけ菌が原木に打ち込まれていれば、最初の難関である原木に穴をあけ、種駒を受け付ける作業をスキップすることが出来ますよね。

なかなか最初から用意をして栽培するのは骨が折れる作業でもあるので、大変だという場合には菌が予め植え付けられている原木を使ってみてください。

数ヶ月は雨の当たるところに置いて、しいたけ菌を繁殖させる

しいたけの栽培方法として覚えておくべきなのは、しいたけ菌を繁殖させる方法です。しいたけ菌が付着した原木は、数ヶ月の間は出来るだけ雨の当たる場所にわざと置いて、湿気によってしいたけ菌を繁殖出来るように育てるのがポイントです。

また、しいたけ栽培キットなどの場合は部屋で栽培することが多いですよね。そんな時には霧吹きなどで軽くしいたけ菌が付着した苗床を湿らせてあげるようにすると、雨が当たらない部屋の中でもしいたけ菌を繁殖させることが出来ます。

栽培する場所によって雨がなかなか当たらない…ということもあると思うので、その際には環境を踏まえた上で、自ら霧吹きなどで程よく湿気を与えてあげるようにしましょう。

 

西日に当たらない位置で育てる

しいたけの栽培で注意をしたいのが、西日には当たらないように育てるということです。しいたけの栽培は、出来るだけ雨の当たるところ、風通しが良いところ、そして日が当たるところがベストな環境だと言われています。

しいたけの場合、朝日は良くても西日は栽培をする上では厄介な存在になってしまう場合もあるでしょう。

なかなか栽培するポジション選びは大変ですが、美味しいしいたけを栽培するためにも育てる場所には慎重になりたいですね。

 

いかがでしたか。

しいたけの栽培は難しいですが、今ではしいたけ簡単栽培キットなども販売されているので、気になる人はそこからしいたけの栽培をスタートさせてみるのもオススメです。

今回紹介した栽培ポイントを参考に、美味しいしいたけを育てていきましょう。

 

まとめ

しいたけの栽培のために覚えておきたいこの5つ

・しいたけの栽培方法は大きく分けて2つある
・しいたけ菌は秋頃に植え付ける
・菌が予め植え付けられている原木を利用するのもオススメ
・数ヶ月は雨の当たるところに置いて、しいたけ菌を繁殖させる
・西日に当たらない位置で育てる

かぴばらニュース“をTwitterでフォロー!


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!