牡丹の育て方について知っておくと役立つ5つのこと

牡丹の育て方について知っておくと役立つ5つのこと牡丹の育て方について、どのようなことを知っておくと良いのでしょうか。牡丹と言えば中国原産の花であり、日本でも古くから栽培されてきた美しい花です。

美しい花と聞くと、育てるのが難しいイメージはつきものですが、それでもそんな美しい花々を育てることが出来たら素敵ですよね。

そこで今回は牡丹の育て方について紹介していきます。育てるのが難しいイメージがありますが、牡丹の育て方を知っておけば育てることも夢ではありません。牡丹を育てたい、そう思っている人はぜひ参考にしてみてください。


 

牡丹の育て方について知っておくと役立つ5つのこと

 

土は水はけの良いものを用意しよう

牡丹の育て方でまず注目をしたいのが土です。牡丹の育て方の中でも土を間違えてしまえば美しい牡丹を咲かせることは難しくなり、枯らせてしまうこともあります。

牡丹の育て方で適している土は水はけ、水持ちの良い土。粘土質の土を用意してしまうと水はけの悪さもあり牡丹は育たないので注意をしてくださいね。

牡丹の育て方で最適の土を作るためには、だいたい赤玉土7:腐葉土3くらいの割合で土を作るのがオススメです。

 

種まきの前に、種は水につけるのがポイント

牡丹の育て方の中で種から育てたいと思う場合には、種を購入した後、種を水につけると良いでしょう。種を植えるならば9月下旬から10月下旬の1ヶ月の間にやるのがオススメで、土に種を植えるようにしましょう。

何故種からの牡丹の育て方で種を水につけるのが良いのかと言うと、しっかりと育つ種を見分けるために必要なのです。

買ってきた牡丹の種を水につけておくと、やがて種が水面に浮いてくるもの、沈んだままのものと2つにわかれます。この時沈んだままの種のほうが牡丹は育ちやすいので、種の段階から選別するようにしましょう。

 

季節によって日当たりは意識しよう

牡丹の育て方では日当たりを意識するのも重要です。年中日当たりの良い場所に植物を置くことが多いですが、牡丹は季節によって日当たりを意識する必要があります。

日当たりの良い場所に置く必要があるのは、春と秋です。比較的涼しい季節なので、日当たりが良く風通しの良い場所に牡丹を置いてあげると、すくすくと育つでしょう。

夏場は日差しがきつくなってしまうので、半日陰に置くようにするのがポイントです。直射日光が当たる場所だと牡丹は元気を失ってしまうので注意が必要なのです。冬は寒い風に当たらないような暖かい場所で育てるのが良いでしょう。

牡丹の育て方として、屋内よりも屋外での管理が一般的なので、育てる前に季節ごとに牡丹をどこに置くのかを考えてから牡丹を育てると良いでしょう。

牡丹は植え替えを嫌う

牡丹の育て方で注意が必要なのは、牡丹は植え替えを嫌う植物だということです。牡丹は植え替えを嫌うので、植替えを頻繁にしてしまうと枯れやすくなったり、美しい花を咲かせづらくなったりしてしまうので、注意が必要でしょう。

そのため牡丹の育て方では、最初のうちに大きめの鉢に植え付けるようにするのがポイントです。出来れば8号鉢以上の大きな鉢を用意して、将来的に大きく育っても植え替えをする必要がないようなもので育てていけば、牡丹を元気に育てることが出来るのです。

ただし場合によっては植え替えが必要な時も出てくるでしょう。例えば極端に成長が悪くなった場合や、土に問題が出てきてしまった場合などは植え替えをしないと牡丹を枯らすことになります。

極力植え替えをしないように気を付けつつ、場合によっては植え替えをしなくてはならないということを頭に入れておくようにしましょう。

 

花がら摘みをして来年も美しく咲かせよう

牡丹の育て方で覚えておきたいのが、翌年も美しく咲かせるためのテクニックです。牡丹の育て方として覚えておかなければならないポイントなので、牡丹を長く楽しみたいという人は知っておくようにしましょう。

牡丹は花が咲いた後にそのままにしておくのは厳禁な植物。放置をしておくと種が出来る関係で牡丹は弱ってしまい、翌年美しい花を咲かせるのは難しくなってしまいます。

牡丹は花が咲いたら、出来るだけ早く花を切り取るのが長く育てていくためのコツ。せっかく美しい花が咲いたのに…と思うものですが、牡丹は花が咲く、種が出来ることで弱ってしまう植物なので、出来るだけ早く切り取るようにしましょう。

 

いかがでしたか。

牡丹の育て方には気をつけるポイントがたくさんありますが、気をつければ美しい花を長く楽しむことが出来ます。

気品溢れる美しい花である牡丹は、見ているだけでも癒される存在になるので、興味のある人は楽しく育てていきましょう。

 

まとめ

牡丹の育て方について知っておくと役立つ5つのこと

・土は水はけの良いものを用意しよう
・種まきの前に、種は水につけるのがポイント
・季節によって日当たりは意識しよう
・牡丹は植え替えを嫌う
・花がら摘みをして来年も美しく咲かせよう

かぴばらニュース“をTwitterでフォロー!


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!