ナスの育て方について知って成功する5つのこと

ナスの育て方について知っておくと成功する5つのことナスの育て方ってご存知ですか?ナスって様々な料理に使えるので、自分で育てて、料理に使っていきたいという人は多いと思います。自分で育てたナスで料理をするのは絶対に楽しいですし、買ってきたナスよりも美味しく感じられそうな気もしてきますし、そう考えるとナスを育ててみたいと思う気持ちもわかりますよね。

そこで今回はナスの育て方について注目。ナスを育てるためにはどんなコツがいるのか…どうせナスを育てるのであれば、美味しく立派なナスに育て上げたいですよね。ナスを育てる上で失敗をしないためにも、今回はナスの育て方で知っておくと成功する5つのことを紹介していくので、ナスを育ててみたいと興味がある人は是非チェックしてみてくださいね。



 

ナスの育て方について知って成功する5つのこと

 

植え付け期間は春

ナスの育て方の中で最も重要なのは植え付け期間です。植物は植え付け期間を間違ってしまえば枯れてしまったり上手く育たないことがあるので、適切な期間に植え付けることが重要なポイントなのです。ナスの場合、植え付け期間は春。だいたい4月~6月の間に植え付けは済ましておくようにしましょう。

ナスの育て方の中でも簡単なのが、苗を買ってきて植え付けてしまうというものですよね。この時植え付けに適した苗は、節がしっかりとしている太い苗を選ぶと◎。並べて育てる場合にも、だいたい苗と苗の間は60cmから70cmは確保をして植えるようにしましょう。

ナスはかなり乾燥に弱い植物でもあるので、4月中に植えるにしてもまだ寒いと感じている場合には少し遅めに植え付けたほうが上手く育てることが出来ると思います。気温と相談して、植え付けに適しているかどうかチェックしてくださいね。

 

土は保湿に優れた土を選ぼう

ナスの育て方で用意をしなければならないのは、保湿に優れた土です。ナスは乾燥してしまうと上手く育たず、せっかく育てても失敗に終わってしまうことも多いため、保湿に優れた土を選ぶようにするのも、成功のポイントです。

保湿に優れた土が分からない…という場合にはホームセンターや少し大きめの花屋などで相談をしてみると、良い土を紹介してくれるはずです。だいたい植え付けの2週間くらい前から土はしっかりと作っていき、ナスを育てる準備をしていくようにしましょう。

また、ナスは根を深く張る植物でもあるので、深さはだいたい50cmくらいを意識してみると◎。そうすることによって力強く元気なナスが育つようになりますよ。

 

日当たり良くを意識して

ナスの育て方のポイントでは、日当たりを意識してみましょう。ナスは日当たりが良ければ良いほど成長していく植物でもあるので、日当たりの良い場所でナスを育ててくださいね。

しかし日当たりが良いとそれだけ乾くのが早くなり、乾燥に負けてしまうという注意点もあります。そのため、土の表面が乾いてきたと感じたら十分に水をあげて、乾燥は絶対に防ぐようにしましょう。また、水やりが多いと土がくぼみ、根が見えてきてしまうこともありますよね。その場合はその都度土を新たに付け足すようにしてみてください。

日当たりよく、しかし乾燥させないように水やりには意識をする…ナスの育て方の中でも特に注意をしたいポイントですが、ここさえ乗り越えてしまえばナスは上手く育つはずです。美味しいナスを作るためにも、水やりは特に意識していきましょう。

必要なタイミングで追肥を

ナスは肥料を与えたほうがより美味しく、そして実を多く付けてくれます。そのため、ナスの育て方では必要なタイミングで追肥をするのも大きなポイントになるというわけですね。

ナスを植え付けてからしばらくの間は肥料を与える必要はありませんが、だいたい実が膨らんできたと感じた時には株の周りに肥料を与えてみてください。ナスは肥料を摂った分だけどんどん育っていく反面で、肥料がなければ上手く実らない植物でもあります。順調に育てていくためにも、追肥のタイミングはしっかりと見極めてみてくださいね。

また、収穫後にも追肥をすれば、さらに実をつけて再度収穫することも出来ます。たくさんのナスを収穫するためにも、肥料は十分にあげていきましょう。

 

切り戻しをして収穫数を増やそう

ナスの育て方の最終段階、それは収穫ですよね。ついつい実が育ってくると、もっと大きくなるように…と実がなってもすぐに収穫せずにいることも多いと思いますが、あまり放置をしすぎても株が元気を失い、全体の収穫数が大きく減ってしまう恐れがあります。そのため、だいたい実が10cm~14cmくらいに成長したら収穫するようにすると、収穫数はアップしていくはずです。

また、一度ナスを収穫したとしても、切り戻しをすれば再び実をつけて収穫することが出来ます。例えば7月に収穫をした場合、秋頃に再度収穫出来るようになるので、切り戻しは出来るだけしたほうが良いというわけですね。

切り戻しは、収穫後の株の状態を見て、状態が良ければ葉を少し残した状態で切り戻しをしていきましょう。多くのナスを収穫したほうが育てた後、育てて良かった…!と満足度もアップするので、株の状態が良ければ是非切り戻しに挑戦してみてください。

 

いかがでしたか。

ナスの育て方について、成功するための5つのことを紹介してきました。ナスの育て方のコツさえ掴めば、美味しいナスをたくさん収穫することも出来ます。一度コツを掴んでしまえばナスは育てやすい植物でもあるので、ナスが好きだという人や家庭栽培に興味がある人は是非チャレンジしてみてくださいね。

 

まとめ

ナスの育て方について知って成功する5つのこと

・植え付け期間は春
・土は保湿に優れた土を選ぼう
・日当たり良くを意識して
・必要なタイミングで追肥を
・切り戻しをして収穫数を増やそう

かぴばらニュース“をTwitterでフォロー!


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!