夜釣りで成功するための5つのポイント

夜釣りで成功するための5つのポイント

魚の警戒心が薄れて、チャンスがいっぱいの夜釣り。そんな夜釣りで成功するためのポイントを経験を踏まえてまとめてみました。


スポンサーリンク


 

夜釣りで成功するための5つのポイント

 

その1.夜釣れやすい魚をターゲットにする

 やはり夜釣りの成功ポイントとして、夜釣れる魚をターゲットとすることが大切です。夜に限りませんが、釣魚の種類はたくさんあり、魚の習性や場所により仕掛けやエサなどを変えることが成功の秘訣です。

夜釣りで有名なものが、うなぎやすずきなどが有名ですが、昼間釣れる魚でもより大きいサイズは夜に陸から釣れることが多いのです。

なぜかというと、大きな魚というのはそれまで釣られることもなく、自分より大きな魚等に襲われることもなく育ってきた証。警戒心も人(魚)一倍強く、生き残る力に長けているのです。このように夜行性ではなくとも、夜に捕食したり警戒心が弱まるので、大きな魚を狙いたい場合は陸から夜釣りにトライしてみるのもおすすめです。

 

 その2.足場の良いところ、もしくは昼間に下見しておくこと

 夜釣りで失敗というと釣れないこと?思われるかもしれませんが、やはり一番の失敗は事故や怪我です!陸から釣る場合、足場の悪い消波ブロックなどで釣りをする場合は、夜に初めての場所などに行くことは避けましょう。

危険な場所程よく釣れるという都市伝説な釣り人のうわさもありますが、釣りを楽しむためにも体と命は大事にしましょう。足場の悪いポイントへ夜釣りに出かける場合は、昼間に下見しておくこともおすすめです。

足場が悪く危険な場所は、夜釣りに行ったことがあるのですが、釣りをしていても、先週も釣り人が落ちて救急車来たよなんて話を聞く場所もやはり多いのです。

人気の少ない釣り場の場合は、友人などと誘い合わせて万が一の場合に備えることもおすすめです。

 

その3.ヘッドライトは水面を照らさない

 夜釣りの必須アイテムヘッドライト、両手が使えるのでとっても便利です。

ヘッドライトは文字通り頭に着けるタイプのライトですが、夜釣りで水面をヘッドライトで照らしては、魚を散らして台無しにしてしまいます。手元の作業に必要なので、作業する以外は消しておく、または首下げると水面を照らさず手元だけ照らして使うこともできます。

最近では首から下げるペンダントタイプのライトもありおすすめです。

スポンサーリンク

 その4.釣り糸(ライン)トラブルを想定して替えリールを持参

 夜釣りで釣り糸のトラブルとは痛いもの、こんがらがった釣り糸昼間ならば簡単になおせるものの、こんなに暗くては・・・そんな時のためには替えのリールを持参しましょう!

スピンニングタイプであれば、替えスプールも注文できますのでリールをもう一つ買うのがお財布に痛いというかたには替えのスプールを購入しておくのもおすすめです。

また、釣り糸の太さを2タイプ用意しておき現場で交換するにも替えスプールは便利です。

エサ釣りなどで仕掛けなどは、パッケージからあけておくなど、暗くても簡単に取り出せるようにしておくことも良いでしょう。荷物もコンパクトにしておくことも夜釣りの場合は大切です。

手持ちの荷物などがあると、うっかりおいてしまったら、暗くて忘れ物に気が付かなかったりすることもあるため、ウエストポーチなどで身に着けるようにすることもおすすめです。ダサいといわれがちなフィッシングベストも実はとっても便利なんです。(ポケットが大量についているベストで釣具屋さんで手に入ります)夜だから見えないので気にせずに着てしまいましょう。

 

  その5.警察の職務質問に気を付ける

 警察の方から見たら夜中に長い棒をもってうろつく人というのは不審者以外の何物でもありませんよね。(しかも雨でもないのにカッパきていたり長靴履いていたり)悪いことはしていないのですが、職務質問を受けるとなんだか恥ずかしいやら申し訳なくなります。念のため身分を証明するものを必ず持っていることも大切です。

また夜中ですので未成年のかたや最近は女性の釣り人の方も多いので、保護者や友人とともに行動することもおすすめです。夜釣りで人気の漁港や釣り桟橋などの釣り場は、夜中でもカップルやご夫婦で釣りに見えている方もいるので、単独で夜釣りに行かれる方や、夜釣りを始めたばかりの方には、人気スポットも安全でおすすめですね。

危険と隣り合わせのドキドキな夜釣り、ビックチャンスもあるのでぜひ挑戦して成功を手に入れてみてくださいね。

 

まとめ

夜釣りで成功するための5つのポイント

その1.夜釣れやすい魚をターゲットにする
その2.足場の良いところ、もしくは昼間に下見しておくこと
その3.ヘッドライトは水面を照らさない
その4.ライントラブルを想定して替えリールを持参
その5.警察の職務質問に気を付ける

スポンサーリンク

かぴばらニュース“をTwitterでフォロー!


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!