ビブラートの練習に最適な5つの方法とは?

ビブラートの練習に最適な5つの方法とは?

ビブラートの練習にはどんな方法があるのか、カラオケでも上手に歌う為にもビブラートを使えることが理想です。しかし歌の上手、下手には個人差があり、ビブラートなんてとんでもない、なんて思っている人も多いのではないでしょうか。実はポイントを抑えた練習をすることで、念願のビブラートができるようになるのです。

その気になる方法ですが、どのようにすればよいか、最適な5つの方法をご紹介しましょう。これらから忘年会や新年会、歌を歌う機会も増えてくるでしょう。ビブラートが使えれば、苦手な歌にも少しは自信がつくかもしれませんね。


スポンサーリンク


 

ビブラートの練習に最適な5つの方法とは?

 

その1:ビブラートの基本とは?

 ビブラートの練習をする前に、まずは基本について理解をしておく事が必要ですね。ビブラートとは、音の周期的な揺れのことで、その間隔も一定している事が綺麗に聴こえるポイントになります。ただ音を好きなように揺らしているだけでは、歌も上手には聴こえないのです。

本来は種類が豊富になるビブラートですが、プロの歌手などは、音の揺れを強調するポイントや、その強弱も調整する事が出来ます。そうなるにはかなりの練習が必要になります。しかし素人の方でも、歌っているときにビブラートを使う事は可能です。本格的な歌い方よりも、自分でやりやすい方法でビブラートを使う事が一番安定しています。

 

その2:音程の上下練習

 ビブラートの練習には、まず意図的に音を揺らすことから始めましょう。自分の出しやすい音をまず声に出します。その音程を2秒ほど保ったら半音下げます。そして2秒間たったら元の音に戻します。この音程の上下を繰り返す事で、音の揺れを意識的に作るのです。慣れてきたら、上下する間隔を短くすると、とても自然なビブラートに聴こえるようになります。

始めは音の上下が安定せず、音程もずれてしまいます。そのために、自分が出しやすい音程を繰り返し練習する事が効果的です。そして注意をするのは、音を途切れさせない事です。自然なビブラートにするには、まずこの繰り返し練習をしましょう。

 

その3:手軽に出来る方法

 ビブラートの練習は、本格的に始めると時間もかかります。しかし手軽にビブラートができる方法もあります。それはアゴを動かして音を揺らす方法です。本来の基本とは異なりますが、ビブラートらしく音を揺らし、一定間隔でできるために一番簡単な方法といえますね。たとえば、「あ」という言葉で音をだします。その音をアゴを動かしながら「あうあうあう」と続けることで、意識的に音を揺らす事が出来るのです。

本格的なビブラートはことなり、即効的な方法ではありますが、アゴの動きを練習することで、難しいとされているビブラートも簡単に使う事ができます。ポイントを抑えておけば、急なカラオケでも役に立つかもしれませんよ。

スポンサーリンク

その4:体感して覚える方法

 ビブラートの練習は、音の揺れを体で体感することが必要です。そのためには、まず声を一定の音程で出し続けます。一定間隔のリズムを取りながら。わき腹を手で押します。そうする事で、発生する音に揺れが生じます。これを繰り返し練習をして、慣れてきたらわき腹を押す事をやめて発声してみましょう。

次は体が憶えた揺れを再現できるように訓練します。音の揺れが出来るようになったら、その間隔を取りながら、ビブラートを持続できるように練習します。そのためには吐き出す呼吸運量も一定であることが必要です。呼吸が安定していると、ビブラートも自然に出来るようになり、音の揺れも安定することが出来ます。

 

その5:横隔膜を使って練習する

 ビブラートの練習も、本格的にする為には、呼吸方法から安定させる事が必要です。複式呼吸をしながら、喉の力を抜いていきます。その状態で声を震わせることにより、一番自然なビブラートにすることが出来るのです。横隔膜を使う事は、歌うときにはとても大切になります。

この練習を習得したら、ビブラートをはじめ、歌う事自体がかなり上達するはずです。しかしとても難しい練習のために、最後の仕上げとしてやってみましょう。呼吸方法を喉の力を抜く事がポイントです。まずは呼吸を安定させて、一定の息を保つ事が大切です。そのためには全身のリラックスと、安定した複式呼吸が重要になります。

 

いかがでしたか?

ビブラートが出来たら、どれほど歌う事が楽しくなるでしょう。苦手な人もビブラートの練習をすると、歌うことが楽しくなるはずですよ。プロのようになるには時間もかかりますが、ポイントを抑えることで上手に聴こえるメリットもあります。カラオケの場合には、エコーが聞いているとせっかくのビブラートも聴こえなくなってしまいますので、ご注意くださいね。

まずは好きな曲で、ビブラートを使いながら何度も練習をして見ましょう。タイミングや歌詞なども注意をしないといけませんが、同じ曲で何度も練習をすれば、コツがつかめるはずですよ。

 

 まとめ

 ビブラートの練習に最適な5つの方法とは?

その1:ビブラートの基本とは?
その2:音程の上下練習
その3:手軽に出来る方法
その4:体感して覚える方法
その5:横隔膜を使って練習する

スポンサーリンク

かぴばらニュース“をTwitterでフォロー!


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!