歌を練習するために最適な5つの方法

歌を練習するために最適な5つの方法

アーティストの奏でる歌声に魅了された経験はありませんか?1回聞いただけでファンになってしまい、何度も同じ曲を繰り返し聴いた経験がある人は多いのではないでしょうか。それほど歌というものは人の心を感動させるひとつの芸術になります。

最近では歌手だけでなく、芸人や一般人でも歌が上手い人が多いですね。歌が上手い人はそれだけでモテる要素になるくらい、歌というのはスキルになります。自分もあんな風に歌えたらな・・と感じた事はないでしょうか?

今回はそんな歌がうまくなるために最適な練習方法をご紹介します。しっかりと練習すれば、あなたの歌声で誰かを魅了させることができるかもしれませんよ。


スポンサーリンク


 

歌を練習するために最適な5つの方法

 

その1 お腹から声を出す

歌う際に多い間違いとして、喉から大きな声を出すというものがあります。体に無理に力を入れながら大きな声を出そうとすると、舌や喉に力が入って綺麗に声が出なくなります。喉に力が入るせいで声がかれて喉を痛めるという事も少なくありません。

喉ではなく、お腹から声を出す意識をもつと良いでしょう。まずできるだけリラックスした状態で口を開けて大きく息を吸い込みます。そのまま大きい声を出そうとすると自然にお腹から声が出ます。変に力を入れて声を出すよりも、姿勢良く遠くへ声を飛ばすイメージで発声すれば大丈夫です。

この発声ができると小さな力で大きく遠くへ届く声を出すことができます。喉を痛めるリスクも減るので最初に練習するべき基礎といえるでしょう。

 

その2 歩行でリズムを作る

音痴な人の特徴として多いのが、リズムを自然に取れないということが多いです。メトロノームなどでリズムを体に覚えさせることはとても良い訓練方法になります。しかし、練習をしている暇が無い人や日常でもっと練習したいと思う人は歩行でリズムを作ると良いです。

音楽を聴きながら体を動かしてリズムを取ると自然にリズム感覚が身につきます。この良い方法が歩行です。歩いている時に同じリズムで片方の足を地面につけるように意識するとリズムが取れます。止まっている場合でも足先でリズムを取ったり、指先でリズムを取ることを自然に身につけると驚くほど成長は早くなります。

人目を気にせずリズムを取っている人はとても上達が速いので、ぜひしっかりと習慣にすることをオススメします。ただ、満員電車など他の人の迷惑になるような状況では控え、他人の気分を害さない程度の動きを心がけてください。

 

 その3 音程を整える

音痴な人の特徴としてもう1つ多いのが、音程が取れていないことです。音程に関しては基礎であるドレミファソラシをしっかりと耳に焼付け、その音を自分の口で出す訓練をすることで整えられます。

ただ、この途中で自分の声の音域を広げる必要がでてきます。無理に出そうとすると喉を痛めるのでしっかりとしたイメージが必要です。出そうとする音を耳で覚え、自分がその声をだしているイメージを頭で想像します。イメージが深ければ深いほど、体は自然にその声を出すように動きます。

さすがに人間の領域を超えた高さの声を出すのは、人並み外れた才能や努力が必要かもしれませんが、ある程度の音域まではこの方法で出すことが可能です。自分が思っているよりも音域は簡単に広げることができるので、しっかりとイメージする癖をつけると良いでしょう。

スポンサーリンク

 その4 自分の歌を録音する

自分の歌を録音して聞くことで、リズムや音程などを見直すことができます。自分が想像している歌声とずいぶん違うこともあるかもしれませんが、自分の現在の能力を理解することは上達への最短ルートとなります。

イメージと違う声が出ているのなら、そのイメージと同じ声はどの音域なのかを調べたり、リズムが狂う場所にはどんな要因があるのかを調べたりできます。原因を知っていれば対処法もそれぞれ見つけていけますので、まずは自分の歌声をしっかりと理解することが必要といえるでしょう。

プロの歌手やアーティストも何度も自分の声を聞いて練習する人も多いので、この練習方法は非常に効果があります。最初は理想と違ってヘコんでしまうかもしれませんが、ヘコむ場所が多いほど改善して成長する部分が多いと考え、前向きに挑戦することが歌を上達する大切な心構えかです。

 

 その5 感性を磨く

歌を上手くするのに音楽のことを考えがちですが、声に感情を乗せて歌うことほど、人に感動を与えるものはありません。感情を乗せるためにはイキイキと楽しく歌うことが大切になります。音楽以外の芸術やエンターテイメントにも幅広く触れることであなたの感性は磨かれます。

俳優の役作りや脚本術、歌舞伎の間の取り方、画家のイメージ法など、どんなものがあなたの歌声を輝かせるか分かりません。音楽という枠だけにとらわれるのではなく、いろいろな芸術にアンテナを向けておくことで、あなたの歌声そのものに魅力が溢れてきます。

自分が興味ないかもしれないと思う分野でも、実際に体験してみることが大切ですので、前向きに挑戦してみてはいかがでしょう。きっとあなたの歌だけでなく、人生にも良い影響がでることでしょう。

 

いかがでしたか?

カラオケや動画配信などの趣味で歌う人から、本気でプロを目指す人まで歌を上達したいと思う気持ちは様々です。しかし、ちゃんとした練習方法を実践しないと喉を痛めたり、歌うことが楽しくなくなってしまうかもしれません、自分にあった上達方法を見つけるためにも色々な練習方法をためしてみると良いでしょう。

今回ご紹介した方法以外にも、様々な練習方法が存在しますので実践してみてはいかがでしょう。とにかく楽しんで練習することが1番大切です。それだけは忘れないように日々、歌うことを楽しんで練習に励みましょう。

 

まとめ

歌を練習するために最適な5つの方法

その1 お腹から声を出す
その2 歩行でリズムを作る
その3 音程を整える
その4 自分の歌を録音する
その5 感性を磨く

スポンサーリンク

かぴばらニュース“をTwitterでフォロー!


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!