皆に人気!となりのトトロの都市伝説を5つ教えます

皆に人気!となりのトトロの都市伝説を5つ教えます

となりのトトロの都市伝説は、かなり数も多く出回っているようです。ジブリ作品の中でも小さい子供のファンもとても多く、関連グッズもいまだによく売れています。となりのトトロは、ほのぼのしたストーリーですが、実は意外な裏側があったりして、都市伝説を知るとまた見たくなってしまいます。

かわいい猫バスがとても印象に残る作品でしたが、隣のトトロにはどのような都市伝説があるのでしょうか。サツキとメイのかわいい姉妹のお話は、とてもカラフルな田舎の中で癒される話ですが、中にはちょっと怖い都市伝説もあったりして、別の形でトトロを楽しめる理由になりますよ。あんな風景の所に住んでみたい、と思った人はかなりいたのではないでしょうか。


スポンサーリンク


 

皆に人気!となりのトトロの都市伝説を5つ教えます

 

その1.サツキとメイは死んでいるという話 

かなり前から話題になっているこの都市伝説ですが、となりのトトロを何度も見た人はもしかしたら気がついているかもしれません。ストーリーの後半になると、サツキとメイの影が薄くなっていくことをご存知ですか?この表現が二人が死んでいるということを表わしている、という話があります。

他にはサツキが、いなくなったメイを探すシーンでお地蔵様が写る場面があるのですが、そのシーンをコマ送りにすると、その中のお地蔵様の一つにメイとかかれたものがあります。その後、メイとお地蔵様が並んで移るシーンも出来てきます。気がつかないで見ていた人はたくさんいるでしょうが、ほのぼのしたストーリーの裏には、こんな話があったのです。

 

その2.母親とは会っていないサツキとメイ 

サツキとメイは病気の母親をお見舞いするために、何度が病院へ訪れていますが、実は近くまで行っているにもかかわらず会っていないのです。それは二人がすでに死んでいることを表すものであり、作品の終盤で母親が「今、あの木のところで、サツキとメイが笑ったような気がした」と言っています。これは実際に見えていないものを母親が見ているもので、母親の死期が近づいていることの証拠である、という都市伝説があります。

この場面でも父親はサツキとメイの存在を分かっていません。母親が死後の世界に近づいている、ということのようです。

 

その3.ストーリーは父親の空想によるもの 

作品の中で、父親は小説のような物語を書いています。しかし二人はすでに死んでるために、父親は二人がもし生きていたら、という願いと空想を書き続けているものです。ストーリーの途中で、木の上でトトロと一緒にサツキとメイがオカリナを吹いているシーンがありますが、そのときに父親がふっと見上げる場面があります。それは二人がこの世に存在していたら、と願う父親の姿を捕らえた場面のようです。

書いている小説の内容は、死んでしまった二人の娘がもし生きていら、というストーリーで妄想をしながら書いている父親のちょっと切ないシーンだったのです。

スポンサーリンク

その4.実際にあった事件との関連 

となりのトトロは、1963年5月に埼玉県狭山市で実際に起きた、少女を狙った強盗強姦殺人事件、「狭山事件」との関連があるといわれています。事件で被害者となった少女を描いた作品で、主人公のサツキとメイという名前は、事件のあった5月を英語でメイと呼ぶことと、日本語でサツキと呼ぶところからつけたとも言われています。

狭山市は、作品の舞台となった所沢のとなりにあります。偶然なのか、関連性をわざとつけたのか、実際に宮崎監督は、となりのトトロの都市伝説を否定していますが、ぴったり当てはまる条件がいくつかあるのはちょっと怖いですね。

 

その5.母親が入院していた病院について 

母親が作品の中で入院をしていた七国山病院は、東京都の八国山緑地にある東京白十字病院と新山手病院がモデルになっているといわれています。どちらの病院も元は結核療養所として使われていた病院です。となりのトトロの時代背景は、日本でまだテレビが一般的に普及されていない時代、という設定ですから、日本で結核が流行していた当時1950年代の時代設定とぴったり合うのです。

しかし昔は結核にかかると先は長くない、と言われた病気で、サツキとメイの母親もどうやら残り少ない人生を病院で送っていたようです。当時1950年ごろの日本人の死亡原因は結核が一番多かったようです。

 

いかがでしたか?

となりのトトロの都市伝説は、ファンタジーなものとはかけ離れて、ちょっと怖いものが多いですね。とても癒される田舎の中で暮らす娘たちと父親ののんびりした生活と、ストーリの裏側に隠された話に大きなギャップがあります。ジブリ作品にはそれぞれにメッセージがこめられているといわれていますが、となりのトトロには、幼くして亡くなった子供たちとその家族を描いた悲しいストーリーだったのかもしれませんね。

これを踏まえて、となりのトトロを再び見ると、ちょっと切なくなってしまう場面がいくつも出てきます。色々な見方をすることで、一つの作品も違う姿に変えることができます。

 

まとめ

 皆に人気!となりのトトロの都市伝説を5つ教えます

その1.サツキとメイは死んでいるという話
その2.母親とは会っていないサツキとメイ
その3.ストーリーは父親の空想によるもの
その4.実際に会った事件との関連
その5.母親が入院していた病院について

スポンサーリンク

かぴばらニュース“をTwitterでフォロー!


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!