正月の着物にまつわる6つの話

お正月の着物にまつわる6つの話

今年もあと一月ほどで終わり、お正月を迎えます。中学生のお子さんをお持ちのご家庭では、お子さんを通じて着物に触れる機会が多くなったのではありませんか?

中学校の家庭科では、2012年から和装に関する授業が復活していると聞きました。お子さんたちが和装教育を受けられるようになったのを機会に一家で正月を着物で過ごすのも良いのではありませんか?

せっかく日本人が長年いつくしんできたステキな着物ですもの、義務教育中に一通り教われるのはとても良いことだと思います。

残念ながら学校で着物の授業を受けられなかったお母さん方、お子さんに教えていただいたらいかがでしょう?お正月に着物で一家がそろうのもいいものです。


スポンサーリンク


 

お正月の着物にまつわる5つの話

 

1:着物を着る前に

家族で集まる、近所に出かける等でしたら、ご自分でできます。まず髪を整えてから、お化粧をします。

着物を着る前に、手が化粧品などで汚れていることもありますので、手首の少し上まで念入りに手を洗ってください。また、汗をかかないための用心として水分は控えめにとって、夏場は涼しいところで着るといいでしょう。

しかし改まった席…結婚式・披露宴・成人式等や、振袖を着るときは着付けも髪も美容院にお願いしたほうが良いと思います。どこが上手かは普段からリサーチしておいてください。ネットでも調べられると思います。

 

2:着物を着るコツ

・幅のある伊達締めや帯は、下側がきつくなるように締めるとゆるみにくくなります。

・補正の時、タオルをストッキングに入れて結べるようにすると便利です。

・伊達締めの位置はみぞおちから指一本分上に伊達締めの上線が来るように結びます。

・長襦袢の背中心にループをつけてから、そこに腰紐を通して着ることにより、綺麗に衣文が抜けるのです。

・帯の後ろの腰あたりに、おしぼりタオルを入れると帯がずり落ちません。

着物を着て洋服を着ているときと同じように動いてしまうと、せっかくの着付けが台無しになります。着物を着たら、あまり大きな身振り手振りはせず、静かに動いてください。お料理を取るときは袂に要注意です。また、大き目なハンカチを用意されることも必要です。

 

3:着物を着た後

着物を着た後は脱いですぐ、湿気を取ってしわを伸ばすために衣紋掛や大き目のハンガーにかけて風通しの良いところに1日吊るしておきましょう。

ただし、あまり長くつるしておくと布が伸びて、裾が袋状になったりするので気を付けましょう。

その間に、衿・袖口・裾に汚れがあるようなら、揉んで落とすか軽く手拭いでたたいておくか、しみ抜き店にしみ抜きを依頼するか、丸洗いにするか、お家で手入れをするか考えておいてください。

スポンサーリンク

4:着物の汚れやしみ抜き

家庭で手軽に使えるしみ抜き剤などが売っていますが、あまりお勧めできません、着物の多くは絹などの高価な生地を使っていますので、シミや汚れはさわらずに長く放置せずに、しみ抜きの専門家にしみ抜きをしてもらってください。

虫干しなどもシミ・汚れを発見する機会です。見つけたらなるべく早くしみ抜きしてもらいましょう。

 

5:着物とアイロン

着物にアイロンをあてるとき、あて方によっては、着物が縮んでしまったり変色してしまう事がありますので、十分注意が必要です。

湿気は縮みの原因にもなりますので、麻・木綿以外は霧吹きやスチームアイロンは使わないでください。何の生地でできているかわからないときは、(特に袷は)絶対スチームアイロンはお使いにならないほうが良いです。表が縮む生地で裏が縮まない生地だったときは大変なことになります。

アイロンを使える生地だったときも、最適な温度をご自分で調べて、慎重にかけてください。一通りお手入れをして、着物が乾きましたらきれいに畳んで畳紙に入れて収納します。

着物の保存にビニールは使えません。空気を通さないので湿気で着物が傷みます。避けてください。

 

6:着物の防虫

衣類につく害虫は二種類に分けることができます。ガ類…。イガ、コイガ、モーセンガ等で、成虫になるとガになって飛び回ります。

甲虫類…。ヒメマルカツオブシムシ、ヒメカツオブシムシ等で、成虫になると甲虫になって飛び回ります。これらの虫は鰹節や乾物も食害しますので、着物を吊るしておくのはなるべくお台所から遠い部屋がいいでしょう。

防虫剤には主に3つの種類があります。

1.忌避剤-害虫が、薬剤から発生する蒸気の臭気を嫌って近づかないようにする。

樟脳、ナフタリン、パラジクロルベンゼン

2.防食剤-薬剤を繊維に付着させ、繊維を食べた虫を中毒死させる。

オイラン、ミッチン、ディルモス、ピレトリン

3.接毒剤-薬剤に触れた害虫が、脳を侵されて死ぬ。

DDT・BHC

☆防虫について注意

・防虫剤のガスは空気より重いので容器の上のほうに薬剤を置くと全体にガスがよくゆきわたります。

・防虫剤は一つの容器に一種類だけを入れること、二種類以上の併用は絶体に避けること。仕舞った着物や服にシミがついたり傷んだりします。

 

いかがでしたか?

着物は手入れも大変、着るのも大変ですが、やっぱりたまには着たいものですね。今は手入れの楽な素材の着物も出ているので、普段着にいいですよ。

普段に着て、ご自分なりの着方のコツをつかんでから高価な着物に挑戦してみるのはいかがでしょうか、なじみのない着物を始めて着るより、着物になじんでから高価な着物を作ったほうが、長く多くその着物を着ることでしょう。

お正月、成人式だけでなく観劇、歌舞伎なんて着物で行けたら最高でしょうね。

 

まとめ

正月の着物にまつわる6つの話

1:着物を着る前に
2:着物を着るコツ
3:着物を着た後:
4:着物の汚れやしみ抜き
5:着物とアイロン
6:着物の防虫

スポンサーリンク

かぴばらニュース“をTwitterでフォロー!


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!