さんまのオススメしたい食べ方5選

さんまのオススメしたい食べ方5選

さんまの食べ方が一番気になる秋は、食欲の秋、といわれるほど収穫が豊富で、色々な食べ物がなぜか美味しく感じられる季節です。グルメ達が楽しみに待っているさんまですが、食べ方をアレンジすることにより、色々な味を楽しむことが出来ます。さんまを焼いている煙がどこからともなく漂ってくると、季節の移り変わりを感じることがあります。

特に秋のさんまは脂がのっていて、旬な時期に食べないと損をしてしまいますよ。日本の食卓に魚は欠かせませんが、その中でも特に人気のあるさんまは健康によい栄養分がたくさん含まれています。コレステロールを下げる作用など、体にも必要なのです。バリエーションが意外と多い、さんまのオススメの食べ方についてご紹介します。


スポンサーリンク


 

 さんまのオススメしたい食べ方5選

 

その1.こだわったさんまの塩焼き

 さんまにただ塩を振ってグリルで焼くのではなく、基本の工程をもう一度こだわってみましょう。まずさんまを洗うときは片栗粉を入れた塩水で、ぬめりをよく落とします。キッチンペーパーで水気をよく切った後、焼く10分前に塩を高い位置から振り掛けます。そして表面には皮が焼ける際にはじけないように、十文字の切込みを何箇所かに入れます。見た目も綺麗になりますよ。

そして強火の遠火で焼くことがポイントです。しかし家庭用のグリルで、うまく火加減が調整できないために、さんまの切込みを入れることによって、火を通りやすくします。完全に焼けたら付け合せに大根おろしとカボスなど、お好みであわせてください。

 

その2.洋風さんまの食べ方

 秋刀魚を調理するときは、どうしても和食風になってしまいますが、トマト缶を使ってちょっとイタリアン風にさんまを食べるオススメの方法があります。圧力鍋を使うと骨まで食べることができますのでカルシウムもたっぷりです。トマト缶とチキンブイヨン、白ワイン、ガーリック、たまねぎのみじん切りを圧力なべに入れて約15分間調理をします。とてもふっくらして、ガーリックの香りでさんまの臭みも取れますので、小さい子供でも食べやすいメニューです。

お皿に盛り付ける際にはパルメザンチーズとパセリのみじん切りを振り、綺麗に盛り付けましょう。圧力鍋がない場合には弱火で40分ほど煮込んでください。

 

その3.ご飯にぴったりのさんまの蒲焼

 さんまを3枚におろして小骨を取りましょう。3等分ほどの食べやすい大きさに切ります。小麦粉を振って油を引いたフライパンで両面こんがりと焼きます。蒲焼のポイントとなるたれの配合ですが、醤油2に対してみりん、砂糖、酒、水をそれぞれ1の割合であらかじめ合わせておきます。さんまが焼けたらそのままフライパンにたれを入れで少し煮詰めます。お好みでゴマを振ってもよいでしょう。

甘さは加減することができますので、甘さ控え目にした人は調整してください。白い炊きたてのご飯にとてもよく合うメニューです。さんまは蒲焼にすると3匹ぐらいは簡単に食べれますよ。そして冷えても美味しい点がメリットですね。

スポンサーリンク

その4.さんまご飯

 さんま1匹をあらかじめ塩焼きにして、身をほぐしておきます。米2合を洗米したのち、水を切っておきます。炊飯器に米とだし汁を通常の炊飯時よりも若干少ない水分量でセットします。そこに刻んだしょうがをひとかけら分と、ほぐしたさんまの身を入れてご飯を炊きます。しょうがの香りで魚の臭みがまったく気になりませんし、脂ののったさんまの身がご飯ととてもよく合います。

このさんまご飯は、さんまをあらかじめ焼いてから使いますので、炊き上がりの臭みは心配いりません。アクセントをつけた場合には、だし汁を洋風にしてコンソメとガーリックで一味違ったさんまの炊き込みご飯にすることもオススメです。

 

その5.付け合せのアレンジ

 秋の旬なさんまは、なんといっても塩焼きが一番人気のある食べ方です。素材の質の良さを利用したシンプルな食べ方は一番美味しいですよね。必ずといってよいほどついてくるのが大根おろしです。大根のさっぱりした辛味がさんまには欠かせません。たまにはちょっと違ったアレンジでさんまの塩焼きを食べたいときにオススメなのが、カイワレ大根を使った付け合せです。大根おろしを作る手間がない分楽に作ることが出来ますよ。

カイワレ大根は半分ほどの長さに切り、そこに刻んだみょうがをあわせます。鰹節、醤油、調味料などを混ぜて出来上がり。さんまにカイワレ大根の辛味がアクセントになり、みょうがの独特な香りが、いつもの塩焼きとは違ったメニューに変わります。

 

いかがでしたか?

色々な食べ方が出来るさんまですが、選ぶときには新鮮なものを買いましょう。口先が黄色いものや、身が盛り上がっている新鮮なものを使うことがポイントです。美味しいさんまのメニューで、早速今夜の夕飯を試してみませんか?

 

まとめ

 さんまのオススメしたい食べ方5選

その1.こだわったさんまの塩焼き
その2.洋風さんまの食べ方
その3.ご飯にぴったりのさんまの蒲焼
その4.さんまご飯 
その5.付け合せのアレンジ 

スポンサーリンク

かぴばらニュース“をTwitterでフォロー!


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!