ピアノの初心者がピアノを楽しむための5つのポイント

ピアノの初心者がピアノを楽しむための5つのポイントピアノの初心者は、うまく弾けないことがストレスとなり、レッスンに行くのが辛くなってしまう時期もあります。しかし初心者だからこそ楽しめる方法もあるのです。楽器を弾くことは簡単ではありません。ピアノは特に習得するまでに、時間もかかります。綺麗な音色のピアノを上手に弾けるようになるには、初めが肝心です。基礎をきちんと覚えてどんどん上達したいですね。

ではどんな方法で、ピアノの初心者は楽しむことが出来るのでしょうか。ピアノが上手に弾けなくても、楽しむ方法はあるのでしょうか。その気になる秘密をご紹介いたします。


スポンサーリンク


 

 ピアノの初心者がピアノを楽しむための5つのポイント

 

指の位置で覚える

 ピアノの初心者には、まず楽譜を読むことから練習が始まります。一つ一つの音符にあわせて、指を置く場所が決まっているのです。しかし、初心者には、楽譜を読みながら指の位置まで把握することはとても難しいことです。そのために、少しでも曲を弾ける感動を味わうためには、鍵盤ごとの指の位置を覚えましょう。一人で練習をするときには、ピアニカを弾くように指番号でピアノを弾いてみると意外と簡単に出来ます。

指番号は、両手ともに同じ位置ですから、覚えるのは楽に出来ると思います。楽譜を覚えることはとても複雑なために、初心者はピアノの楽しさを知るためにも、ちょっとした裏技を使って練習しても良いでしょうね。

 

簡単な曲を上手に弾く

 ピアノの初心者には、弾ける曲の数もそれほど多くはないと思います。とても簡単な曲から練習が始まりますが、初心者のヤル気を出すためにも、絶対に自分で弾ける簡単な曲をまず選んでください。簡単な曲を初めから最後まで弾き終えることで、達成感を感じることが出来ます。

そして更に上手に弾くために、感情をこめて、ピアニストのように簡単な曲を弾いて見ましょう。1曲でも間違えずに弾ける曲があれば、初心者には十分なのです。ピアノがうまくなった、ような気分を味わうためにも、簡単な曲を上手に弾くことが初心者のポイントになります。どんどん難しくなっても、簡単な曲で自信を取り戻しましょう。

 

ピアノを弾く理由

 ピアノの初心者は決して子供のような年齢の若い人ばかりではなく、高齢者になってから始める人もたくさんいます。それぞれが異なる理由でピアノを始めると思いますが、ピアノを楽しむためには、その理由について常に覚えておくことが必要です。時にはなかなか上達しないために、諦めそうになる事もあります。そんなときに、なぜ自分がピアノを始めようとしたのか、理由を思いだしてみましょう。

憧れのピアニストがいる、ピアノで弾きたい曲があるなど、それぞれのゴールに向かって諦めずにがんばって下さい。イメージトレーニングをしながら、自分がピアノが上達した姿を頭に描いてみるといいですよ。

スポンサーリンク

楽譜の選び方

 ピアノの初心者には、楽譜を読むことが時には苦痛に感じることもあります。途中で投げ出さないで楽しむためには、いきなり難しい曲を選ぶのではなく、簡単な楽譜を探しましょう。ポイントは余白が多い楽譜、ということです。簡単に弾ける曲ならば、上達も早く、楽譜を読む練習にもなります。苦手な楽譜を読めるようにするには、繰り返しの練習が必要です。

何度も読み込むことによって、覚えられなかった音符や記号もすらすらと弾けるようになるのです。そうなるためには、楽しみながら練習をすることです。簡単な楽譜を選んで、余裕を持ちながらピアノを弾く楽しさを実感してください。

 

苦手部分の強化

 ピアノの初心者の人には、いくら練習をしても一向に上達しない、というジレンマに悩まされることがあります。せっかく練習しているピアノは、がんばった分だけでも効果が見えて欲しいですよね。しかしなかなか自分でも満足できない場合には、練習の方法を少し工夫してみましょう。曲を最初から最後まで繰り返し弾く練習ではなく、曲の苦手な部分だけを繰り返し練習する方法がオススメです。

弱点を克服することで、ピアノも弾きやすくなり、更に楽しく次へのステップにつながるのです。慌てて練習をすることはありません。自分のヤル気をしっかり持って、上達するまではがんばって練習を繰り返しましょう。

 

いかがでしたか?

綺麗な音色のピアノは、一度は上手に弾いてみたい憧れの楽器の一つです。最近では高齢者も趣味として始めている方がたくさんいます。上手に弾けるようになると、楽しさも倍増しますよね。ピアノをはじめ、楽器を弾くことは、精神的にもリラックスできますし、音楽の癒し効果は日頃の疲れを取るためにも効果的です。

下手で悩んでいる人も、まず楽しみながらピアノに接することが大切です。楽しいことは、どんどん上達するのも早いはずです。ピアノのコンサートにいって、演奏のすばらしさを実感することも良いですね。いつかは自分もステージの上で弾けるように、なんて夢を実現する事は可能ですよ。

 

まとめ

 ピアノの初心者がピアノを楽しむための5つのポイント

・指の位置で覚える
・簡単な曲を上手に弾く
・ピアノを弾く理由 
・楽譜の選び方
・苦手部分の強化

スポンサーリンク

かぴばらニュース“をTwitterでフォロー!


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!