話していて喜ばれる面白い会話の仕方6つ

話していて喜ばれる面白い会話の仕方6つ

飲み会や合コンなどで話上手な人というのは重宝します。そのスキルがあるだけで場に呼ばれやすくなったり、一緒にいたいと思われやすくなりますので絶対に身につけておきたいものですね。会社や学校などでも話し上手な人というのは回りにたくさんの人がいて華やかなイメージです。

ビジネスシーンでも上司に気に入られたりするので、面白い会話ができる人には自然とチャンスが巡ってきたりもします。今回はそんな話していて喜ばれる面白い会話の仕方を紹介します。

面白い会話ができるようになれば、あなたの人生も大きく変わる可能性がありますので、ぜひ意識して身に付けてみてはいかがでしょう。


スポンサーリンク


 

 話していて喜ばれる面白い会話の仕方6つ

 

その1 豆知識

 定番ですが、人が知らない豆知識の話は面白いと感じてもらえます。知らない情報というものは人は関心して聞くので、タメになる話であればあるほど満足してもらえるでしょう。特に日常で利用する物や店、習慣などの豆知識は面白いと感じてもらえます。

豆知識に関してはストックを多く持っておくことで、いろいろな世代の人と話したりもできるので、常に仕入れておくことを心がけると良いでしょう。ただ、豆知識をひけらかしているだけでは相手が退屈になってしまうので、あくまでも相手との会話のきっかけ作りとして利用すると良いでしょう。

話が途切れてしまって会話のネタに困ったときに、スマートに意外な豆知識を披露して相手との会話を繋げられれば、それだけでコミュニケーションが上手く円滑に回ることでしょう。

 

 その2 失敗談

 人の自慢話ほど退屈なものはありません。上司や先輩の自慢話を永遠と聞かされてうんざりした経験はありませんか?自慢話はしている側は気持ち良いものですが、他人にとってはどうでも良い話以外の何物でもないのです。

それよりも失敗談の方が、人は共感を持ったり親近感を抱いたりするので面白いと感じてもらえます。人生で恥ずかしいような失敗談を話すことによって、あなたに対して親しみを感じてもらえるだけでなく、相手も本音で話しやすくなるというメリットもあります。

また、あなたが評価が高い人であればあるほど、この失敗談は後輩や他の人にとってもためになる話になりますので、聞き終わったあとに面白いと感じてもらえたり、あなたのことを好きになってもらえる可能性が非常に高くなります。ぜひ、自慢話よりも失敗談の話を用意してみてください。

 

 その3 モノマネ

 芸人や有名人のモノマネというものは人気があります。話し方に特徴のある人のマネをすることでその場の雰囲気を楽しくすることが可能です。似ていれば特技になりますし、似ていなければそれはそれで面白いので問題ありません。気を付けたい事はその場にいる人に合わせたモノマネをすることです。

合コンなどの初対面の人の前で、会社の同僚のモノマネをしても受けるはずありません。身内で集まっているときは身内のモノマネをするのが非常に効果的ですが、初対面の人がいる場所では、ある程度有名な人のモノマネの方が良いでしょう。

相手の好みに合わせて、芸能人、アニメキャラ、マスコットキャラなどいくつかレパートリーを持っていると面白い会話ができるかもしれません。ただ、やり過ぎは飽きられたりウザイと思われるので会話のきっかけ程度に利用しましょう。恥ずかしがらずに堂々とするのがコツですよ。

スポンサーリンク

 その4 声のテンションを相手に合わせる

 これは2人でする話のトーク技術ですが、声のテンションを合わせると親近感を抱かせることが可能です。内緒話を2人ですると仲が良くなるのはこの心理が働いています。声のトーンを合わせることで相手に「同じ気分で話してくれている」と感じさせることができるので、あなたの話に興味を持ってもらえやすいのです。

これは恋愛にも効果的なので、気になる人がいる人は実践してみると相手の反応が少し良くなるかもしれません。また、多人数でもある程度テンションをコントロールすることで雰囲気を作り出す人と思ってもらえます。

テンションの高い人にはテンションの高い声で話して、落ち着いた気分の人には声のトーンを落として話すことを心がければ、あなたの会話を面白いと感じてもられる事が多くなります。ぜひチャレンジしてみてください。

 

その5 映画やバラエティのネタ

 会話の内容でウケが良いのは映画とバラエティです。どちらも見たことが無いという方はあまりいないので、良い会話のきっかけになります。映画もたくさん種類がありますので、ジャンル事におすすめの映画の引き出しを持っていると話を聞くほうも楽しくなります。

バラエティも数多く引き出しを持っておくことで、共通の話題を探るのに非常に有効となります。映画館まで足を運ぶほど詳しくはなくても良いので、映画好きな人やバラエティ好きな人のオススメした作品を少しは見てみる習慣をつけると良いでしょう。

オススメしてもらった作品の内容や、意外なネタを教えてもらうことで自分の会話のストックを増やす事も可能です。そこまで興味の持てない人は、映画好きな人の会話をマネして話してみるのも良いでしょう。きっとその作品が好きな人には好感を持ってもらえます。ただし、ちゃんと観て内容を知っておくのが必須です。

 

 その6 ひたすら聞く

 面白い会話の仕方はいろいろありますが、人に好感を持ってもらいたいのであれば聞くことが1番効果的です。面白い会話とは相手の話を聞きだすきっかけ作りに他ならないのです。

人間は自分の話が好きです。なので自分の話を熱心に聴いてくれる人にはとても好感を抱きます。よく相手が話していて退屈という意見もありますが、それは自分が相手に興味を持とうとしていないだけなのです。

まず、自分を好きになってもらうために相手に興味を持つ、それから相手の話をどんどん聞きだす。この繰り返しをあなたが楽しむことが出来れば究極の面白い会話が成り立ちます。相手に喜んでもらうことを意識して挑戦してみてください。

 

 いかがでしたか?

そもそも会話というのは、相手と自分の共通点を見つけ、相違点を理解し、円滑にコミュニケーションをとるための手段です。なので、相手を楽しませたり喜ばせたりする気持ちがなければ、どんな技術や知識もまったく意味のないものになってしまいます。

相手を大切に想って話をするだけでも、あなたとの会話は相手にとって、とても有意義なものになるでしょう。ぜひ気持ちの部分を大切にして会話を行うように実践してみてください。

 

 まとめ

 話していて喜ばれる面白い会話の仕方6つ

その1 豆知識
その2 失敗談
その3 モノマネ
その4 声のテンションを相手に合わせる
その5 映画やバラエティのネタ
その6 ひたすら聞く

スポンサーリンク

かぴばらニュース“をTwitterでフォロー!


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!