ニラ玉スープを作る時のポイント5つ

ニラ玉スープを作る時のポイント

ニラは食べないと、餃子に入っているぐらいであまり口にしない方もいらっしゃるかと思います。それは、もったいない話です。ニラを生活の中に取り入れたら、どんなに、身体が楽になるか。それは日々の生活で取り入れている人しか、わからないことなのかもしれません。

ニラを取り入れいる方も、なんで自分がこんなに元気なのか、自覚ないまま過ごしているのかもしれません。にらを餃子だけにしまっておくのは、もったいないことです。どうしたら、生活に取り入れやすいのか、スープにしてみたら、一汁になりオススメです。心も身体もほっくりしましょう。ここでは、ニラ玉スープを作るポイント5つを挙げてみました。


スポンサーリンク


 

ニラ玉スープを作る時のポイント5つ

 

その1.疲れが取れるニラパワーの知識を付けましょう

若い時は、疲れ知らず。徹夜もへっちゃらです。しかし、40も過ぎたころから徹夜しなくても、朝、起きた時になんだか、ダル重な時ってありませんか。健康に気を付け始めるのはそんな時からなのかもしれません。

まずは手始めに、ニラパワーの信者になってみませんか。ニラは疲労回復によいとされるビタミンB1がとても多いのです。その他の効能では、βカロチンも含まれて、健康オタクにはよく耳にする抗酸化に効くため、抗ガン作用もあるとか。冷え性や神経痛に効くそうです。夏なのに冷え性の方がいるぐらい、隠れ冷え性の方、たくさんいらっしゃるかと思われます。身体の中から冷え性を改善していきましょう!

 

その2.元気なニラを選びましょう

お料理は何でもそうですが、食材選びが重要になってきます。ニラの上手な選び方を挙げていきたいと思います。まずは、葉がぴんとしたニラを選びましょう。これなら出来そうですね。スーパーに並んでいるニラで一番、ぴんとしたニラを選ぶとよいのです。

そして、次に緑色が濃く肉厚なニラを選んで下さい。にらなんてどれも同じように見えますが、じーっとニラを見つめると、目が慣れてきて違いが見えてきます。その2点をおさえられたら、あとは、ニラの1本、1本が幅広く、切り口が新しく、香りが強烈のニラを見極めて頂ければ、準備万端です。

 

その3.ニラの調理は手早くしましょう

ニラには酸化アリルというものが含まれている為に、デトックス効果もありいいのですが、この成分は水溶性なので、ニラを切ったり洗ったりする動作は手早く行って下さい。その方が、ニラ本来持っている成分が失われずに調理することができます。もう一つ、加熱時間もサッとする必要があります。

ニラを扱ったことがある方は経験したことがあるかと思いますが、色が悪くなってしまうのです。それと、風味まで落ちてしまいます。あんなに、深い緑だったのに、なんだか、くすんだ緑になってしまい、食欲をそそりません。そこで、ニラ玉スープなら、サッとできてしまうので、ニラにとってもオススメの一品になるかと思われます。その4・その5では、ニラ玉スープの作り方にも触れていきたいです。

スポンサーリンク

その4.鶏がらスープの素を使いましょう

鶏がらスープの素は、自炊の楽しみを助けてくれる優れものです。お料理ビギナーはこういうものを利用しましょう。外食続きだと、どうしても野菜不足になりがちです。

鶏がらスープの素さえ、備えていれば、簡単スープが作れます。その中でも、ニラ玉スープは、疲労回復に効くので、栄養ドリンクを飲む必要がなくなるかもしれません。お鍋に水と鶏がらスープの素を入れるだけで、スープの部分は出来上がり。どうですか。簡単すぎですね。

 

その5.水溶き片栗粉を入れましょう

鶏がらスープができたら、手で絹ごし豆腐をちぎって入れて、煮ます。そしてその間に、ニラを切って入れて、塩コショウで味を調えて、ごま油を少して、水溶き片栗粉を入れたら出来上がりです。水溶き片栗粉は大匙1の片栗粉に水大匙2で溶いたものを加えてみてください。

少しとろっとして、ちょっと玄人っぽく仕上がります。ごま油はこくが出るので、さらっと仕上げたいときには、入れなくてもよいかと思います。そうやって、自分好みのニラ玉スープをこんなに簡単に作れれば、毎日とは言いませんが、週に数回、身体にいいことできますよ。

 

いかがでしたか?

毎日毎日、フル回転でいると、ついつい自分を労わる気持ちを忘れてしまいがちです。自分のご褒美だと思って、自分に手作りニラ玉スープを振舞ってあげてください。このニラ玉スープなら、簡単に作れるので、作ることで疲れることもないですし、真剣にニラを切っていると、嫌なことも忘れられますよ。

そして、身体と心にしみるニラ玉スープを1回飲んだら、やみつきになるかもしれません。やみつきにならなかった方も、ニラの効能を知ったら、効能は目には見えるものではないのですが、積み重ねです。そうして、健康ライフを送っていきたいですよね。それには、日々の一品一品を大切にしていきましょう。ニラの臭いが気になる方は夕ご飯に疲れた身体に与えてあげて下さいね。

 

 まとめ

ニラ玉スープを作る時のポイント5つ

その1.疲れが取れるニラパワーの知識をつけましょう
その2.元気なニラを選びましょう
その3.ニラの調理は手早くしましょう
その4.鶏がらスープの素を使いましょう
その5.水溶き片栗粉を入れましょう

スポンサーリンク

かぴばらニュース“をTwitterでフォロー!


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!