夏バテとはどういう症状のことを言うの?夏バテの5つの症状

夏バテとはどういう症状のことを言うの?夏バテの5つの症状

毎日暑い日が続いているなか、仕事にプライベート・・と忙しい日々が続くと、夏バテになりやすくなります。でも、どういう症状を夏バテと言うか分からないということは結構あることです。

夏バテの症状、原因などを知っておくことは大切です。前もって知っておくことで、予防もできるでしょう。


スポンサーリンク


 

夏バテとはどういう症状のことを言うの?
夏バテの5つの症状

 

症状その1 疲労感

疲労感は夏バテの代表的な症状です。全身のだるさと疲労感が続きます。疲れが取れにくい日が続き、暑さによって睡眠不足になることもあります。

それによって、睡眠不足が原因でだるさや疲労感が増すこともあります。この疾患に関する症状は疲れ(疲労感)・だるさ・倦怠感等です。

また、疲労感によって冷え性が強くあらわれる方もいらっしゃいます。冷え性も疲労感を高めます。デスクワーク等で長時間、座りっぱなしでいると、疲れも貯まります。夏場はエアコンに直接あたってしまって、逆に体が冷えてしまうということもあります。

オフィス等では自分でエアコンの温度調節ができないことも多いのではないでしょうか。自分で温度調節ができないときは、アコンの風が直接当たらないようにカーディガンを羽織る、靴下を履く等の工夫をしましょう。

普段より少し疲れてきたように感じるとき、夏バテの症状が出ているかもしれません。注意してください。

 

 症状その2 睡眠不足

「症状その1 疲労感」でもお話しましたが、やっぱり夏は睡眠不足になりがちではないでしょうか。睡眠不足が原因となり、様々な症状が悪化することもあります。

また、疲れを溜めずに、しっかり眠ることが夏バテの一番の予防法でもあります。なるべく早くの就寝し、7時間程度ぐっすりと眠ることをこころがけ、疲れをなるべく取り除きましょう。また、エアコンをつけて眠るのは体に良くないと思っていませんか?エアコンは暑い夏の味方です。

室内と室外の温度差が5℃以上になってくると、自律神経が混乱します。エアコンでこまめに調節しましょう。じめじめした湿気も睡眠不足の原因となります。エアコンで除湿冷房をし、快適な状態で眠ることをおすすめします。

エアコンがどうしても苦手!という方は、扇風機で風を送るなど、なるべく部屋の中の空気が澱まないように注意しましょう。湿気がたまると、汗をかいてしまい、さらに眠りにくくなってしまいます。

 

 症状その3 食欲不振

暑い夏が来ると、なんだか食欲が失せてしまうという方は多いのではないでしょうか。それは自律神経の調子が悪くなることで消化器の機能も下がってしまい、食欲不振になっているのです。食欲不振によって体の維持に必要なエネルギーや栄養素の不足しがちになります。

だるさや疲労感、無気力が増えてきたら注意してください。食欲不振の予防として、栄養価の高い食品を食べましょう。暑くて食べづらいときは、量より質を大事にしましょう。質として大事なことは、良質なたんぱく質、高エネルギー、高ビタミンの食材をしっかり食べることです。

特に効果的な食べ物は、玄米・豚肉・豆類・山芋・ねぎ・うなぎ等です。豚肉のしょうが焼きや山芋のとろろかけご飯などが手軽で良いでしょう。通勤時にコーヒーショップに立ち寄ってソイラテを飲むのもおすすめです。オシャレで夏バテ対策にもなり一石二鳥です。

食事がどうしても億劫になったり、十分な栄養素がとれないときは、市販のサプリメント等を服用してみるのも一つの方法です。疲労感や倦怠感に効果があるビタミン剤を使ってみましょう。特にビタミンB1、B6、B12等が効果があると言われています。

こまめにスポーツドリンク飲料等で水分補給をしましょう。水分補給は熱中症対策としても効果的です。

スポンサーリンク

症状その4 夏風邪

食欲不振で免疫が低下し、夏風邪にかかってしまうことがあります。夏風邪の特徴は、冬の風邪と症状に違いがあることです。一般的に、せきやたんは出ないことが多いです。のどの強い痛み、炎症が起こり、同時に下痢が多いです。また微熱が出ることも多く、数日感にわたり全身がだるく、倦怠感が続きます。微熱があるときは、特に汗をかきやすく、脱水症状に注意しましょう。

夏風邪にかかってしまったときは、なるべくゆっくり休みましょう。自律神経の働きを高めるために、お風呂に入ることも効果的です。お風呂上がりの温まった身体でツボ押しをしてみると更に良いでしょう。足の裏にある「湧泉(ゆうせん)」というツボは自律神経の働きと関係があり、疲れを取り除けると言われています。「湧泉(ゆうせん)」は足の裏の人差し指と中指の間にあり、少し窪んだところにあります。

昔からよく使われてきた夏風邪の予防方法でもあります。是非試してみてください。ツボを知るということも、意外と楽しいものです。

 

 症状その5 隠れていた疾患があらわれる

体力が落ちると食欲不振になり、不眠、疲労感などの症状がでます。夏は特に、ほかの症状にまぎれて隠れていた疾患が進行することも多いです。悪化してしまう危険もあります。疲労感が長引くときは、注意しましょう。

症状その1から症状その4までの症状が深刻な場合は、早めに医療機関で診察を受けるようにしましょう。

 

いかがでしたか?

ただの夏バテだから、大丈夫だろうというように思ってはいませんか?そのように思うことにより、夏バテによる危険な状態に気づきにくくなってしまいます。結果として夏バテより悪い疾患にかかってしまうこともあります。

そうならないためには、自分の症状を知ることが必要です。自らの体調管理を充分に心がけることで、今までよりも明るく日々を楽しめるでしょう。

 

まとめ

夏バテとはどういう症状のことを言うの?
夏バテの5つの症状

その1 疲労感
その2 睡眠不足
その3 食欲不振
その4 夏風邪
その5 隠れていた疾患があらわれる

スポンサーリンク

かぴばらニュース“をTwitterでフォロー!


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!