マクドナルドのドナルドの意外と知らない5つの情報

マクドナルドのドナルドの意外と知らない5つの情報急に食べたくなるマクドナルドのハンバーガー、マックといえばお店のマスコットになっているドナルドが有名ですね。小さな子供にも大人気の、マクドナルドのドナルドには、意外と知られていな秘密があったのです。ドナルドは、ピエロのような派手なメイクをして目立ちますよね。

イベントがあるとお目にかかる事もありますが、普段はなかなかお目にかかることができません。マクドナルドの顔としても有名なこのドナルドには、どんな秘密があったのでしょうか?ちょっと気になる5つの情報をご紹介したいと思います。


スポンサーリンク


 

 マクドナルドのドナルドの意外と知らない5つの情報

 

靴の大きさはいくつなの?

 ドナルドの衣装の中でも目立つのが赤い大きなブーツ。先端部分が丸くてとても可愛い赤いブーツ。マクドナルドカラーの黄色の紐と、赤がとてもマッチしていますよね、この靴が子供の頃に以上に大きく見えた印象がありませんか?靴の大きさは、ドナルド自身の答えによると、ハンバーガーが4個分、というサイズ。大体計算して見ると、35.5cmほどの大きさになります。

もちろん普通の人の靴にするとかなり大きめなサイズですが、例えるとK1のチェ・ホンマンのサイズより、ちょっと小さくぐらいになります。体の全体的なサイズと比べると、足だけ大きいドナルドですが、靴を見ればすぐにわかりますね。

 

本場アメリカでの活躍とは?

マクドナルドは、誰もが知っているアメリカが始まりのハンバーガーチェーン。店舗数は、世界でも一番多いのがアメリカですが、本場のドナルドは、お店の単なるイメージキャラクターとしての存在だけでなく、チャリティー事業にも参加している事で有名です。病気の子供の為のドナルド病院や、教育事業などにも積極的に登場しています。

ハンバーガーだけでなく、子供に人気のマクドナルドのドナルドは、そんな別の顔も持っているのです。ハンバーガーの売り上げ金の一部をを、チャリティーとして寄付しているマクドナルドですが、ドナルドの存在は売り上げにも大きく影響しているのでしょうね。

 

コマーシャルに出ないドナルド

気がついている方も多いかも知れませんが、日本のテレビコマーシャルでは、ドナルドを最近見かけませんよね?実は2007年6月以降、マクドナルドのCMにはドナルドは出演していません。その理由は、「マーケティングの戦略によるものと」、とされていますが、かつてはドナルドのファンタジーなキャラクターで、販売を促進していたマクドナルドですが、もっとターゲットを明確にして、その時代の背景などを意識して広告を作るようになったそうです。

公式のウエブサイトでもドナルドの姿はあまり強調されず、マクドナルドといえばドナルド、というイメージキャラの印象が薄れてきているのかも知れません。しかしイベントなどはいまだに積極的に登場していますので、まったく姿を見せないわけではないのです。

スポンサーリンク

ドナルドって誰がやっているの?

 マクドナルドのドナルド、毎回見ると同じ顔で同じ体型。一体誰がやっているのか気になったことがありませんか?ドナルドの始まりは、本国アメリカの道化師のウィラード・スコットさんがモデルになったそうです。初期のドナルドは彼本人が行っており、それ以降はアメリカ人の俳優さんが交代で行っているそうです。長い人で13年間も続いていますから、だからいつ見ても同じ表情だったのでしょうね。

日本のイベントで登場するのは、日本人の方がドナルド役で登場してきます。日本ではドナルドと呼ばれていますが、本名はロナルド・マクドナルド。日本に上陸した際にロナルドという発音が日本人には難しいという事で、ドナルドになったというエピソードもあります。

 

赤いアフロヘアーの秘密について

 マクドナルドのドナルド、目立つあの赤いアフロがとても印象に残ります。しかし始めからアフロヘアーだったわけではなく、初期のドナルドは帽子をかぶっていました。髪型にポイントを置いた理由は、マクドナルドの店舗を子供が見つけやすいように印象つける為で、お店の前に置いたドナルドには、赤いアフロが一番効果があったようです。

色々試行錯誤を繰り返して、決まったのが赤いアフロヘアー、テレビCMでは上空からドナルドを撮影してアフロヘアーがクローズアップされるものもありました。とにかく目立つファッションで子供達を喜ばせたい、そんなマクドナルドの戦略の一つのようですね。日常生活のなかにも当たり前に存在するようになったマクドナルド、ドナルドの顔を見れば間違いなくハンバーガーが食べたくなりますね。

 

いかがでしたか?

大好きなハンバーガーもこんなドナルドの秘密を知ってみると、更に食べたくなりませんか?ドナルドは企業イメージキャラというだけでなく、一つの立派な人気キャラになりました。

ドナルド以外にもハンバーグラーやグリマスといった仲間もいますが、マクドナルドのキャラクターは夢がありながら独特の世界観もありますね。ハンバーガーといえばマクドナルド、それほどまでに定着しているのは商品の質だけでなく、ドナルドの力も大きく影響しているのだと思います。

 

まとめ

 マクドナルドのドナルドの意外と知らない5つの情報

・靴の大きさはいくつなの?
・本場アメリカでの活躍とは? 
・コマーシャルに出ないドナルド
・ドナルドって誰がやっているの?
・赤いアフロヘアーの秘密について

スポンサーリンク

かぴばらニュース“をTwitterでフォロー!


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!