LINEのスタンプをどう使えば人間関係が良くなる?5つの使い方

LINEのスタンプをどう使えば人間関係が良くなる?5つの使い方

LINEのスタンプを使ったコミュニケーションは、ごく一般的になってきましたが、果たして上手に活用できていますか?

メールやメッセージでは、自分のそのときの気分を的確に表現が出来ない場合や、言葉の使い方で相手に誤解を招いてしまうことなどもあります。LINEは無料で使える通話やメッセージが特徴ですが、利用者の数はとても多く、スタンプをたくさん使いこなしている人もいるでしょう。

スタンプは、シンプルなデザインでありながらも、そのときの気分をうまく表現できるものとして大変人気があります。

人間関係を左右してしまうほど、とても大きな存在となるスタンプですが、家族や恋人、友達など、送る相手によってもスタンプを上手に使い分けたいですね。その人間関係を良くするためには、どのようにスタンプを使ったよいのでしょうか。


スポンサーリンク


 

LINEのスタンプをどう使えば人間関係が良くなる?
5つの使い方

 

その1.怒っているときの感情表現

 特に人気のあるLINEのスタンプには、無料のムーンジェームスやブラウンコニーがあります。かわいいいキャラクターで、とてもシュールな感じが人気を呼んでいますが、これらのキャラクターを使ったスタンプは、特に感情表現を表すときに便利です。ちょっと頭にきたときなどは、感情が先走って、文章にするととても強い表現をしてしまう恐れがあります。スタンプを使うことによって、自分が怒っている、ということをユーモアを交えて伝えることが可能です。

大切な相手とは人間関係を大切にしないといけません。誤解を招きやすい怒りの表現は、このようなかわいいキャラクターを使ってストレートな表現を避けると良いでしょう。

 

その2.返事をするのが面倒な時

 家族や友達とは、特に急ぎの用事以外でもLINEを使ったコミュニケーションをする事があります。相手からきたそれほど重要でないメッセージの場合、どこまで返事をして良いのか複雑なときがあります。そんなときにスタンプを使うことで、しっかり相手にレスポンスを送ることができます。

単純な文章を送るよりも、スタンプで表現をしたほうがとても心がこもっていることもありますね。メッセージをもらいっぱなしにならないように、スタンプでお返事をすることは、人間関係にも信頼関係を築くチャンスになるかもしれませんよ。

 

その3.久しぶりの人への連絡

 よい人間関係を長く続けるためには、連絡を取り続けることが基本です。しかし自分から久しぶりの相手に連絡をするのは抵抗があるという場合、そのままにしておくと大切な人との関係も途切れてしまうことがあります。相手からの連絡を待たないで、自分からスタンプを送ってみましょう。特にわかれた彼氏や彼女など、時間がたってから近況を知りたい場合などには、とても効果的に使えますね。

しばらく合っていない友達にもスタンプを送るだけで、再びコミュニケーションをとるきっかけになります。楽しく付き合いを始めるにも、スタンプで表現をしたほうが送りやすいですね。

スポンサーリンク

その4.疲れたときの表現

 遊びに行く約束や、飲みに行くお誘いなど、断り方が難しいときには疲れた表現を使うと、冷たく言葉だけで断る場合よりも心がこもっています。特に仕事で疲れているときに誘われたら、コニーやムーンのへとへとに疲れたスタンプを使ってみましょう。

元気がないときのスタンプには、風邪を引いているものや、二日酔いのものなど、その時のあなたの気分に応じて選ぶことが出来ます。梅図かずおのちょっとホラー的な疲れたスタンプもありますが、自分がかなり疲労をしているときには、このようなパンチのあるスタンプを使うと、相手も心配してくれるかもしれませんね。

 

その5.おなじみのキャラクターで癒す

 大切な人が悩んでいるときには、ぜひ励ましてあげたいですね。しかしどのような言葉をかけてよいのか分からない場合には、おなじみのアニメキャラクターのスタンプが活躍できます。バカボン、仮面ライダー、ドラエモンなど、励ましのメッセージを送ってあげましょう。

文章ではちょっと恥ずかしいときにも、スタンプを使うことで、自然に相手のことをいたわる気持ちが通じますよ。食事誘うものや、お茶をするときのスタンプなどを使って、悩んでいる人に元気をつけてあげましょう。そんなあなたの心配りが、メッセージをもらった相手には感謝されるはずです。

 

いかがでしたか?

LINEのスタンプは無料の種類もたくさんありますが、ちょっと個性を出したい時には、有料でアプリから購入することが出来ます。色々なシチュエーションで使えるように、スタンプの種類を多く持っていると便利に使うことができます。メッセージを書くのが苦手な人や、ユーモアのある人にはとても便利ですが、人間関係の絆を強めるためにも、スタンプを使うタイミングと種類を知っておくことが重要です。

LINEのスタンプは種類がどんどん増えています。個性を出したいときにも、ちょっと変わったキャラクターを使って、コミュニケーションの幅をどんどん広げてみましょう。

 

まとめ

LINEのスタンプをどう使えば人間関係が良くなる?
5つの使い方

その1.怒っているときの感情表現
その2.返事をするのが面倒な時
その3.久しぶりの人への連絡
その4.疲れたときの表現 
その5.おなじみのキャラクターで癒す

スポンサーリンク

かぴばらニュース“をTwitterでフォロー!


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!