LINEでブロックされてしまうのは、こんな人!5選

lineでブロックされてしまうのは、こんな人!5選

電話番号やメールアドレスを教えなくても気軽に無料通話やメッセージのやり取りを楽しめるLINE。使われている方も多いのではないでしょうか。

LINEにはブロックという機能があります。特定の相手とのメッセージや無料通話を拒否するシステムです。これは、知らない人からの急にメッセージや、通話を拒否できるシステムです。でも、知り合いにブロックされていたらショックではないでしょうか。

LINEで電話しても、メッセージを送っても何の返事もないという人、いませんか?もしかしたらLINEブロックされているかもしれません。今回はLINEでブロックされてしまうのは、こんな人!という特徴を厳選して5つ紹介します。


スポンサーリンク


 

LINEでブロックされてしまうのは、こんな人!5選

 

その1 「既読無視」に負けずに連続送信

 メッセージが来ても既読したまま返事をしないことを「既読無視」といいます。「既読無視」を気にされる方も多いのではないでしょうか。ではなぜ、既読無視になってしまうのでしょうか。

相手から返事がなくても、ずっとメッセージを送り続けるということは、相手の都合を無視しているということです。あなたなら、毎日のようにメッセージを送ってくる人がいたらどう思いますか?最初はまめな人だと思うかもしれません。でも、こちらが返信していないのに、どんどんメッセージが来ると、やはりうんざりしてしまうのではないでしょうか。忙しい毎日の中で、メッセージのやりとりはリフレッシュにもなります。でも一方通行ではリフレッシュにはならないのです。

お互いが気持ちの良いやりとりができるように心がけましょう。「既読無視」を繰り返されているという人は、ブロックされてしまう一歩手前の状態です。「既読無視」の状態が続いても、相手の都合を無視して送り続けていると、ブロックされてしまいます。

 

 その2 一方的にスタンプをプレゼント

 LINEにはスタンプというシステムがあります。メッセージとして、リラックマやディズニーなどのキャラクターのイラストを送信できます。そのイラストをスタンプといい、無料のものもあれば、有料で購入できるものもあります。LINEではそのスタンプをプレゼントすることができるのです。

あなたなら、ちょっとした知り合いから突然スタンプのプレゼントが送られてきたらどうしますか。確かにスタンプを貰えることは嬉しいけれど、あまり親しくない人からそんなことをされてしまうと遠慮してしまいませんか。こちらもプレゼントを返さなくてはいけないのでは・・・と気を使ってしまう方も多いでしょう。

LINEという気軽にやりとりができるサービスを利用しているときまで、人間関係に囚われたくないものです。気をつかわせる行動は、ブロックされる原因になります。気をつけましょう。

 

その3 頻繁に無料通話をかけてくる

 合コンやイベントなどで知り合った人に電話番号を教えるのは気が引けるから、LINEのIDを教えるという方も多いのではないでしょうか。LINEは上手に使うことができれば、電話番号や本名を知られずにすみます。気軽にやりとりができるアプリです。

ですが、知り合ったばかりなのに頻繁に電話をかけてくる人がいたら、よほどフレンドリーな方でない限り、少し困惑してしまうものではないでしょうか。お互いが楽しめているのならいいですが、もしそうでないとしたら、相手は負担に感じているはずです。

負担に感じさせてばかりいるとブロックしてしまえ!と思われかねません。気をつけましょう。

スポンサーリンク

 その4 毎日「おはよう」と「おやすみ」

 LINEは気軽にメッセージがやり取りできるというところが魅力のひとつです。気軽だからと、毎日「おはよう」「おやすみ」というメッセージを送ってくる人、いませんか?恋人や離れて暮らしている家族や親友なら、全然問題はないのですが、相手がただの知り合いだったら、ちょっと怖いと思う方もいます。

毎日の朝起きると「おはよう」、就寝前に「おやすみ」という連絡が入ると、見張られているような気がしてしまうという方もいらっしゃいます。恋人からの「おはよう」「おやすみ」は嬉しいものです。しかしただの知り合いなら、どうでしょうか。注意しましょう。

 

 その5 いつ連絡しても無視

 友人に連絡しても、いつも無視されていると、こちらから連絡することも億劫になってきてしまうものではないでしょうか。「どうせ連絡しても意味ないし・・・」と思ってしまうことも多いものです。もう友達じゃないのかもしれないという疑惑を感じさせてしまったら、LINEでのやり取りもなくなってしまいます。

どんなに忙しくても大事な友人にはちょっとした返信をしましょう。あまりにこちらからの連絡が少ないと、友達じゃないの?もしかしてブロックされている?と相手を困惑させてしまいます。大事な友人とのLINEのやり取りは、いくら気を使わないでいられる間柄であっても既読無視を続けてばかりはやめましょう。

ずっと友達でいたいのなら、時々はリターンが必要です。大事な人にLINEブロックされたくない方は、少しでも相手のメッセージにアクションを起こしましょう。

 

 いかがでしたか?

友人にLINEメッセージを送っているのに、一向に返事がないと、「あれ?ブロックされている?」と不安になってしまうことはありませんか?誰でもLINEブロックされてしまうと落ち込んでしまうものです。

ブロックされないように、大事な友人との関係はしっかりと繋いでいきたいものです。ブロックされないように、どんなに気を使わないでいられる相手であっても人としての礼儀は持っておきましょう。相手の都合や状況に合わせることは大人のマナーではないでしょうか。

 

まとめ

LINEでブロックされてしまうのは、こんな人!5選

その1 「既読無視」に負けずに連続送信
その2 一方的にスタンプをプレゼント
その3 頻繁に無料通話をかけてくる
その4 毎日「おはよう」と「おやすみ」
その5 いつ連絡しても無視

スポンサーリンク

かぴばらニュース“をTwitterでフォロー!


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!