筋トレをする時にモチベーションをアップさせる5つのコツ

筋トレをする時にモチベーションをアップさせる5つのコツ健康のためにも毎日の運動はとても大切です。特に筋トレは男性だけでなく女性にも、最近はボディメイクとしてとても話題になっています。モチベーションを時にはあげないと続かない筋トレですが、筋肉をつけるということは、体の余分な脂肪を落とすことで、ダイエットなどの体のためにもなりますが、精神的も強くなるメリットもあります。

自分との戦いの筋トレですが、どのようにモチベーションをあげることができるのか、そのコツについてご紹介します。辛いからといってすぐに諦めてしまってはいけません。継続することの大切さを知るためにも、筋トレはよい習慣となります。そのコツをつかんでおけば、諦めそうになったときでもがんばることができます。


スポンサーリンク


 

筋トレをする時にモチベーションをアップさせる5つのコツ

 

運動中に辛いとき

 筋トレは決して楽ではありません。特に筋トレを開始して後半になると疲労も始まりますので、自分のメニューを決めておいても途中で終わらせたくなりますよね。そこで挫折しないためのコツが音楽をかけることです。リズムのよいテンポの速い音楽をかけながら筋トレをすることで、体をリズムにあわせて動かすことができますし、筋トレから意識を少し避けることで辛さも半減していきます。

そのときに効果があるのが音楽です。特に自分のお気に入りのアーティストの曲をかけることで、リラックスしながら、そして音楽に意識をそらすことで、体の疲労を忘れることもできます。

 

目標をいくつか持つこと

 筋トレを目標を一つだけにしておくと、なかなか達成できないときについつい諦めたくなってしまいます。そんな弱気になるときのためにも、目標をいくつか用意しておくと、やる気も沸きやすくなります。たとえばトレーニングの回数です。回数を高めに設定しないで、始めは楽な目標から少しずつこなしていくようにしましょう。

そうすることにより、自分で決めたゴールに徐々に近づいていくことがわかりますし、達成しやすい目標があることでヤル気も沸いてくるものです。いきなり高いゴールではなく、少しずつ段階をつけながら最終的なゴールを設定してみましょう。

 

イメージトレーニング

 筋トレはあくまで自分の意思で行うものですから、自分の意思がよほど強くないと続けることはできません。そのために筋トレをはじめる理由をもう一度よく考えて見ましょう。痩せたいから、マッチョになりたいから、など理由はそれぞれあるでしょうが、その自分の理想の姿をイメージトレーニングすることです。

辛い時にも、ここでがんばれば自分は痩せるのだ、という姿を頭に置きながら辛い筋トレを続けてください。そして辞めてしまったらどうなるのか、そのときの自分の姿もイメージトレーニングするといいですね。このまま何もしなければ自分はどんどん太ってしまうのだ、という姿を頭に浮かべてみましょう。

スポンサーリンク

情報の収集をすること

 筋トレは雑誌やテレビ、ネットでも色々な情報を収集することができます。筋トレ方法や食事療法など、自分の目的に合わせて筋トレの情報を常に探すことが必要です。それは運動をしていな時のモチベーションをあげるためにも効果があります。筋トレのような辛い運動は、一度体を動かさなくなると、そこからはじめるのは楽ではありません。

常に自分の意識の中に筋トレをするモードを作っておきましょう。そのためにも雑誌やネットなどで筋トレに関する情報収集などをするとよいでしょう。効果的な運動方法なども、探してみると色々ありますので、体を休めているときの意識つくりとして重要になります。

 

鏡を見る習慣をつける

 鏡の前で自分の体をよく見る習慣をつけましょう。筋トレをはじめるしばらくすると効果があらわれてきます。それは手ごたえとして自分の満足にもつながりますが、辛い筋トレを続けることへのヤル気にもつながります。特にお風呂に入るときは裸でよく自分の体の筋肉を見てください。

少しでも変化を見つけることで、次へのステップにつながりますし、トレーニングの内容を変更するためにも、筋肉の仕上がりは常にチェックすることが必要です。特に背中などは自分で見ることがありませんが、鏡でよくみると筋トレの足りない分も見つかるかもしれません。完璧な体を作るためには毎日自分を観察することを忘れないでくださいね。

 

いかがでしたか?

女性にも人気の筋トレですが、ダイエット目的や健康の目的など、それぞれが目的を持って始めています。その目的を常に頭に置くことは基本になります。筋トレをはじめていくと、必ずモチベーションが下がる時期があります。なかなか効果が出ないときや、ある程度効果があってもそれ以上期待できないときなど、始めるのも自分ですが、辞めるときも自分の意思なのです。

精神的にも強くなるには、筋トレで心身ともに辛い状態を乗り越える必要があります。自分で決めたゴールに向かって、達成したときの喜びを味わうまで、モチベーションをあげながらがんばりましょう。継続することは何事にもとても大切です。

 

まとめ

 筋トレをする時にモチベーションをアップさせる5つのコツ

・運動中に辛いとき
・目標をいくつか持つこと
・イメージトレーニング
・情報の収集をすること
・鏡を見る習慣をつける

スポンサーリンク

かぴばらニュース“をTwitterでフォロー!


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!