渓流釣りの仕掛けでうまく釣る5つのポイント

渓流釣りの仕掛けでうまく釣る5つのポイント自然の中で楽しむ渓流釣り、渓流釣りの仕掛けについて、上手く釣る方法を調べてまとめてみました。

渓流釣りがお好きな方、また渓流釣りを始めてみたい方必見です。


スポンサーリンク


 

 渓流釣りの仕掛けでうまく釣る5つのポイント

 

渓流釣りとは?渓流釣りの種類について

渓流とは、川の上流部にあたります。渓流釣りは川の上流で、本州ではおもにイワナやアマゴ、ヤマメなどの日本在来種をはじめ、昨今ではニジマスも放流されており釣ることができます。

ちなみにニジマスは虹鱒と漢字で書く表記もあるため、多くの方が日本の在来種だと思っているようですが、日本の在来種ではなく外来種です。明治時代にアメリカから養殖のために導入された歴史があります。

渓流釣りには、エサで釣る方法と、疑似餌を使用した方法があります。

 

エサ釣りの場合の仕掛けについて

渓流釣りで一般的な釣り方が、エサを使用したミャク釣りといわれる釣り方です。延べ竿というリールのいらない竿の先に釣り糸を結び、ハリにエサをつけて、目印のようなウキなどを使用して魚のあたりをとり、釣る方法です。

小さな錘を使用する場合もあります。渓流は川の流れがあり、よりエサを自然に流せるように、錘の調節をすることも重要なポイントです。

竿の長さも入る渓流の釣り場によっては、使用しにくい場合もあるため、同じ場所に通う場合は、その場所に適した竿の長さを選びましょう。

初心者の人は、あまり糸を細くしすぎないようにすることも大切です、糸が細い方が、自然にエサが流れ、魚の食いも良いかもしれませんが、糸が切れたり、絡まってしまうトラブルも抱えることに、少々食いが悪くても、まずは太目の糸で安心して魚を取り込めるようにしましょう。

糸を細くするのは腕を上げてからでも遅くありません。魚をかけて、糸が切れてしまうようなことは避けたいものです。

また糸を逆に太くしすぎると、今度は竿に負担がかかり竿が折れてしまうことも。竿に表示されている適性な糸の範囲内で糸を選びましょう。

餌は近くの釣具店やエサ屋さんで人気のエサを購入することがよいでしょう。地域によって魚の好むエサに若干の違いがある場合もあるからです。

 

 「テンカラ」

渓流のターゲットとなる魚たちのごはん水生昆虫などを意識した、ハリに簡単な毛をまいた、毛バリを動かして魚を誘います。

エサ釣りに比べて、餌を付け替える手間もなく、たくさん釣れるところなどではとてもよい釣り方です。テンカラは毛バリを飛ばすので専用の竿もあり、渓流に適した長さで作られており、使い勝手も良いでしょう。

毛バリを飛ばし、沈めたり動かしたりして魚を誘うのは難しいかもしれませんが、コツをつかむことで、エサ釣りよりも効果を発揮することもあるでしょう。次に紹介しますフライフィッシング用の毛バリを使用する方もいるようです。

スポンサーリンク

「フライフィッシング・ルアーフィッシング」

疑似餌を使用した渓流釣りでテンカラとも似ますが、フライフィッシングというものもあります。

フライフィッシングでは、色とりどりの水生昆虫や、水面から羽化する昆虫を模した毛バリを使用します。マッチザハッチという言葉があり、その時、ターゲットの魚が食べている昆虫に似せたものを使うということが大切です。

テンカラとの違いは、糸を巻き取るリールがついており、糸の重みで毛バリを飛ばすため、若干後ろにスペースが必要です。もともと、イギリスなどで始まった釣りといわれており、日本の渓流では、なかなかバックスペースをとることが難しく、管理釣り場や中流域やダム湖などのほうがおすすめです。

ルアーフィッシングは、小魚を模したプラスティック製のルアーと呼ばれる疑似餌を使用して、リールのついた竿を使用します、小魚を食している大型も狙える仕掛けと言えます。それほどバックスペースはいりませんが、やはり竿を振り込むため、エサ釣りやテンカラ釣りに比べると、場所により制限されることでしょう。

またワームというゴム製のルアーもあり、ムシエサを触ることが苦手な方にはおすすめです。渓流釣りでルアーフィッシングをする場合は、短めの竿に小型のスピニングリールなどがおすすめです。

 

渓流釣りの道具について

やはり前述したように、行く場所により、竿の長さや道具を選ぶ必要があります。また渓流のポイントでは、近くに車を止めるスペースなどがない場合もあり、身軽に歩けるようコンパクトな竿が良いでしょう。

魚を取り込む網なども用意しておくと良いでしょう。

また、荷物もコンパクトにまとめることがポイントの移動をする際にも身軽でおすすめです。中にはバイクなどで渓流釣りをする方もいるようです、機動力も駐車スペースも困らずおすすめです。

 

いかがでしたか?

渓流釣りの仕掛けを使ってうまく釣りを楽しむためのポイントについてお伝えしてきました。無理をしない程度に、安全に渓流釣りを楽しんでくださいね。

 

まとめ

渓流釣りの仕掛けでうまく釣る5つのポイント

・渓流釣りとは?渓流釣りの種類について
・エサ釣りの場合の仕掛けについて
・「テンカラ」
・「フライフィッシング・ルアーフィッシング」
・渓流釣りの道具について

スポンサーリンク

かぴばらニュース“をTwitterでフォロー!


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!