風邪とコーヒーの組み合わせで知っておきたい5つのこと

風邪とコーヒーの組み合わせで知っておきたい5つのこと風邪をひいた時の飲み物と言えば、しょうが湯や温かいミルクなど体を温めるモノが良いとされていますが、じつはコーヒーも風邪に効果がある飲み物なんですよ。コーヒーには様々な薬抗があると言われていますが、その中には風に対する効果も含まれます。

今回はコーヒーと風邪の意外な組み合わせについてまとめてみました。


スポンサーリンク


 

風邪とコーヒーの組み合わせで
知っておきたい5つのこと

 

コーヒーの歴史

日本でコーヒーが飲まれるようになったのは、1780年代に長崎に出入りしていたオランダ人が自分達用に持ち込んで以来だと言われています。

しかしその歴史は古く、コーヒーが初めて文献に登場したのは575年のイエメンで、当時のアラビア人たちがコーヒーの実や葉っぱを煎じて飲む様子が記されています。6世紀頃にはイスラム神秘主義の修道者達が夜通し行う儀式の際、眠気を覚まして集中力を高めるために用いていたようですが、これは一部の人たちの間でだけ飲まれている秘薬のような扱いでした。

9世紀ごろのイランでは、コーヒー豆から抽出された液体が医療用として使用されていたという説もありますが、今のように焙煎技術はなかったようです。

 

コーヒーの薬効

歴史上でも医療用に使われているコーヒーですが、現在では様々な症状に効果的であるという事が証明されています。例えばカフェインにはエネルギー増加作用・交感神経作用・利尿作用・消化作用・解毒作用・鎮痛作用があり、クロロゲン酸には発癌抑制作用、コーヒーそのものには活性酸素を除去する作用がそれぞれあります。

美容面でも脂肪燃焼・コレステロール値の低下・老化防止の効果が見られるのは、女性にとっては嬉しいですよね。また血流が増える事によって脳が活性化されたり、動脈硬化の予防にもなるようです。

長い間多くの人に親しまれているのは、コーヒーが単なる嗜好品ではないからなのかもしれませんね。

 

風邪の症状への効果

コーヒーによる風邪の症状への直接的な効果は4つあります。

まずは解熱効果ですが、コーヒーは体温を下げる働きがあり、利尿作用があるので体内の不要物や風邪の際のウィルスを体外に排出するのに役立ちます。

風邪による頭痛や関節の痛み、倦怠感を和らげる効果もありますが、これは普段あまりコーヒーを飲まない人に効き目が見られるようです。

コーヒーには消化・解毒作用があるので、風邪で弱った胃腸の消化吸収を活発にしてくれます。また胃液の分泌を活発にする働きもあるので、食欲を回復させる効果もあります。

風邪をひいた時は倦怠感があり何をする気力もなくなってしまいますが、コーヒーに含まれるカフェインが交感神経を活発にする事によって血圧が上昇し、新陳代謝が活発になり、風邪が早く治ります。

スポンサーリンク

風邪の時におすすめのコーヒーの飲み方

のどの痛みには刺激物が良くないという事でコーヒーも敬遠されていますが、実はハチミツを入れたコーヒーがのどの痛みを和らげるという説が「日経メディカル」でも記事になっています。成人の場合はハチミツ単体よりもハチミツ入りコーヒーの方がのどの痛みを軽減する効果が高いそうです。のど飴的な効果を期待するなら練乳を入れたベトナム式コーヒーも喉に優しいでしょう。

風邪の時にはタンパク質で栄養を摂る必要がありますが、食欲がないのでなかなか難しいですよね。そこでおすすめなのがタンパク質が豊富に含まれる豆乳とコーヒーを混ぜた“ソイラテ”です。スタバなどではおなじみですが家でも簡単に出来るんですよ。濃いめのコーヒーと豆乳を1:1の割合で混ぜれば良いだけです。普段はブラック党だという方も風邪の時には是非試してみて下さい。

 

風邪の時にコーヒーを飲む時の注意点

コーヒーによる風邪への効果を紹介してきましたが、だからと言ってやみくもにコーヒーを飲めば風邪が治るという訳ではありません。

コーヒーは酸化するのが早いので、入れたてを飲むようにしないと風邪の時に良くない成分を含んでしまう可能性があります。1杯のコーヒーを長い時間かけて飲むという方もいるようですが、できれば風邪の時は新鮮なコーヒーを飲むようにしましょう。

また風邪薬にはカフェインが入っている場合もあるので、コーヒーと併用するとカフェインの摂りすぎが心配されます。薬の種類によっては副作用を増強したり逆効果になってしまう場合もあるので、できれば薬を飲んでいる時はコーヒーは控えましょう

 

いかがでしたか?

コーヒーは身体に良くないという説もありますが、風邪以外にもさまざまな効果がある事が立証されている事を踏まえると一概にもそうとは言えません。

適度な量のコーヒーはストレス解消にもつながるリラックス効果もあり、うつ病予防にもなると言われています。くれぐれも飲み過ぎには注意しながら。コーヒーの良い効果を有効的に活かしましょう。

 

まとめ

風邪とコーヒーの組み合わせで知っておきたい5つのこと

・コーヒーの歴史
・コーヒーの薬効
・風邪の症状への効果
・風邪の時におすすめのコーヒーの飲み方
・風邪の時にコーヒーを飲む時の注意点

スポンサーリンク

かぴばらニュース“をTwitterでフォロー!


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!