カラオケに女性と行く時に配慮したい5つのポイント

カラオケに女性と行く時に配慮したい5つのポイント

ストレス発散や気分が落ち込んでいるときなどにカラオケに行く人は多いと思います。最近では1人カラオケも充実しており、待ち時間も人への遠慮も無しで1人で歌っている強者も存在します。このストレス社会の中で大きな声を出して歌えるカラオケというのは必要不可欠かもしれません。

多人数でワイワイ騒ぎながら歌うことも楽しいですし、デートスポットとして2人でカラオケに行くというのも悪くありません。今回はそんなカラオケに女性と行く時に配慮したいポイントを紹介します。

グループで行く場合も、2人きりで行く場合でも、良い印象を与えて、また一緒に行きたいと思ってもらえるようにしっかりとポイントを抑えておきましょう。


スポンサーリンク


 

 カラオケに女性と行く時に配慮したい5つのポイント

 

ポイント1 自分ばかり歌わない

カラオケで1番楽しいのは、やはり自分が声を出して歌っているときです。聞き上手な人でも自分が歌っている方が楽しいと思う人は多いです。カラオケになると我を忘れ、自分の歌声ばかりをアピールしようとして歌い続ける人がいますが、正直そんなことをすると次回から一緒に行ってもらえなくなるだけです。

グループの場合は次回から間違いなく誘われないので、絶対に自分ばかり歌ってはいけません。自分が歌いたいのをグッと抑えて、相手の歌っている気分を上げてあげるように配慮すれば、とても良い印象を与えることができます。とくに女性はカラオケで自分の主張を言うのをためらいがちなので、

歌っていない人にマイクを回したり、みんなが歌える選曲をしたりするように心がければ、楽しく時間を過ごすことができます。意外に自分ばかり歌っている人ほど、その事実に気づいていない場合もありますので、自分がどれくらい歌っているかチェックしてみると良いでしょう。

 

ポイント2 ちゃんと聞く

女性は特にその時の感情を大切にします。自分が相手の歌を聞いていなくて、相手がイヤな気分になったときは、ずっとその印象が残ってしまったりします。カラオケでは歌っている人に配慮して、ちゃんと歌を聞くように心がけましょう。

よく、自分が歌っていないと退屈だからとスマホをいじっているような人がいますが、論外です。一緒に行きたくない人のリストに登録される前にやめましょう。気心が知れている仲でも、相手と一緒に行っている以上、人の歌はしっかりと聞くべきです。知っている歌なら一緒に歌ってリズムに乗るくらいの事はするべきです。

ただ歌いたいだけなら1人カラオケでも良いので、せっかくなら一緒にいる相手との時間を楽しむようにしましょう。あなたと一緒にカラオケに行くと気持ち良く歌えると思ってもらえることが大事です。

 

 ポイント3 上着やブランケットを持っておく

カラオケは歌っている人とそうでない人で温度差ができます。熱唱している人は体温が上昇するので、カラオケはクーラーをガンガンにかけるという人も多いのではないでしょうか。一般的にクーラーをかける事に問題はありませんが、グループで行く場合はどうしても歌っていない人が冷えてしまいます。

だからといってクーラーを切ってしまうと、暑いと感じている場合は服を脱がなければいけなくなります。男性の場合は上半身、裸になっても歌っている人がいますが、女性がこれをするのはさすがに品がないので暑くても我慢する人が圧倒的です。

なので上着やブランケットがあれば歌っている人に快適な温度を保ちつつ、歌っていない人にも保温して快適な空間を作ることができます。特に女性の服は薄手のものが多いので、タオルケットや上着を一枚持っていくだけでもとても喜ばれます。

スポンサーリンク

 ポイント4 低い声の曲を歌う

低い声というのは男性にしか出せないものなので、女性を楽しませるひとつの要素になります。歌によっては声の高さはいろいろ変わりますが、低い声の歌は持ち歌としていくつか持っておくべきだと思います。女性はカラオケで男性ならではの低い声を期待している場合もありますので、期待にそえるような歌を用意しましょう。

男性でも声が高い分類に入る人がいますが、そういう人でも可能な限り低い声を出すだけで女性を楽しませることは可能です。逆に女性の高い声を楽しんで聞くことができればお互いの声の違いを楽しむことができます。もし、低い声の人はその特徴を長所として歌ってみましょう。

女性からのリクエストが入る場合もありますので、普段から知っている歌の幅を広げておくと良いかもしれません。ぜひ、男性ならではの声を武器にしてカラオケで女性を喜ばせてあげてください。

 

ポイント5 楽しそうにする

これはカラオケの究極といえる部分です。男性であっても女性であっても楽しそうに曲を聞いたり、歌ったりすることが1番大事です。ノウハウやハウツーなどもありますが、一緒にいて楽しいと感じてもらえるようには、まず自分がその空間を楽しまないといけません。

自分勝手に曲を歌って楽しむのではなく、みんなと歌う空間を楽しむような感覚です。歌っている人が気持ち良く歌える工夫をしたり、リズムに乗ってみんなと曲を盛り上げたりすることが大切といえます。

カラオケはもともと女性を口説いたり、魅了したりするものではなく、歌を歌うことで楽しむことが本来の目的です。それを忘れず、みんなで楽しむことをしっかりと配慮できる人がカラオケの中でもっとも重宝される存在といえるでしょう。

 

いかがでしたか?

カラオケでの楽しみ方はたくさんありますが、メンバーや雰囲気に合わせた楽しみ方ができるように引き出しはたくさん用意した方がいいかもしれません。歌うことが苦手な人用にたくさんの人と歌える歌を選曲したり、トランプなどの小道具を用意すると楽しみの幅が増えます。

また、選曲中の空白の時間を埋めるモノマネや声芸などを持っているとさらに評価はアップするでしょう。大切なのはカラオケをする相手に楽しい空間を提供したいと思う心なので、自分なりのやりかたで人を楽しませてみてください。

 

 まとめ

 カラオケに女性と行く時に配慮したい5つのポイント

ポイント1 自分ばかり歌わない
ポイント2 ちゃんと聞く
ポイント3 上着やブランケットを持っておく
ポイント4 低い声の曲を歌う
ポイント5 楽しそうにする

スポンサーリンク

かぴばらニュース“をTwitterでフォロー!


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!