カラオケの音程が合っているか気になる時に取るべき5つの行動

カラオケの音程が合っているか気になる時に取るべき5つの行動

友人や会社の付き合いでカラオケが苦手な方もカラオケに行くこともあるでしょう。またカラオケをそつなくこなしている方も、歌い慣れてない歌などで音程に不安を感じるときもあるかもしれません。

そんな時、自分の音程があっているかどうか気になるときにとるべき行動を調べてまとめてみました。


スポンサーリンク


 

カラオケの音程が合っているか気になる時に
取るべき5つの行動

 

その1.周りの顔色をうかがってみる

不安に感じたその時、周りの人たちの顔色を窺ってみましょう。想像してみてください。音程があっていない人の歌を聞いたときあなたならどんなリアクションをしますか??

友人ならば笑ったり、会社の同僚なら苦笑いなどするかもしれません。なかには露骨に嫌な顔をする人もいるかもしれません。意外とうまく歌っている、普通に音程が合っているならばみんなは次に自分が何を歌うかで下を向いていたりするもの。

しきりに手拍子してくれたり、タンバリンやマラカスの音が激しかったり、マイクもないのに歌ってくれているときは音が合っていない可能性があります。

 

その2.いったん休憩し、曲を聞いて調整する

 音程の調子がおかしいと感じたら、いったん歌うことを止めてメロディーに耳を傾けてみましょう。カラオケでは、歌声の音程のメインメロディというものが流れています、いったん歌を止めてメインメロデイをしっかり聞いて音程をすみやかに修正してしましょう。

少し歌のボリュームを落として小さ目の声で修正していくのがポイントです。まわりには喉の調子が悪いふりをしながら調整するのも良いでしょう。しかし、どうにも音程が修正できなさそうでしたら、この歌やっぱりあまり知らなかったといって途中で中断してもらうという手もあります。

 

その3.歌の上手い人にもマイクを渡し助けてもらう

 歌い始めたものの、もうどうにも音程が合ってないと感じて自信がない時は歌が上手そうな人にマイクを渡して助けてもらいましょう。

カラオケボックスなどのマイクは大体が2本あるものです。ただし、あなたの音程の外れ具合がとてつもなく破壊的な場合は、相手の方もつられて悲惨な結果になるかもしれませんので注意が必要ですね。

1人で恥をかくよりも2人のほうが心強く、笑いをとる方向にもっていくというのも良い方法かもしれません。

スポンサーリンク

その4.自分の耳をふさいでみて自分の声を聞いてみる

 自分の耳をふさぐと自分の声がよく聞こえます、ちょっと不安だなというときは耳をそっと塞いで自分の歌声を聞いてみましょう。

メインメロディのラインとずれていないかを確認するのです。その時に音程が合ってないと気が付いたときは、上記の方法を試してみてください。また歌に入り込みすぎて、音程が合ってないことに気が付かない場合もあるかもしれません。

入り込みたい歌は一人カラオケなどで楽しむこと心がけて、仲間や複数で行くカラオケでは人に聞かせる、聞いてもらうという視点で選曲することも大切です。

音程が合っているか合っていないかを気にしすぎて歌を楽しめなくてはいけませんが、音程が合ってない歌を聞かせ続けるということも一緒にカラオケに行った方には大変辛いものです。

 

その5.自分の歌声を録音してみる

自分の歌声を録音してみると音程が合っているかどうか確認できます。一人カラオケや、最近ではスマホでも簡単に録音もすることができるので、時間があるときに録音して確認しておきましょう。

また、音程が合ってない場合は、練習をしたり、キーを調整することでも歌いやすくなる場合もあるので、自分の歌いやすい歌や、キー調整を覚えておくことも大切です。カラオケに行かなくとも、お風呂などで練習するのも上達が早くおすすめです。

大事な場、ここぞというときの合コンや仕事の取引相手の接待などでは、歌い慣れた歌や、キー調整できる歌をなるべく歌うこと回避できるという方法もあります。

音程に自信がちょっとという方は歌の選曲にも注意が必要です。一般的にはスローテンポの歌は音程を合わせるのが難しいといわれています。

バラードや、聞かせる系の歌はなるべく選ばないようにしましょう。ノリがよくテンポの良い曲は歌いやすく少々音程が外れても大丈夫な曲も多いので、ノリノリで大きな声で勢いで歌ってみたりして、その場を盛り上げたりするのにもおすすめです。またポピュラーな曲や話題の曲、人気の曲であれば誰かと歌うこともできますので心強いですね。

 

いかがでしたか?

このような行動を取ることであなたの助けとなり、楽しいカラオケタイムをすごせることを切に願います。

 

まとめ

カラオケの音程が合っているか気になる時に
取るべき5つの行動

その1.周りの顔色をうかがってみる
その2.いったん休憩し、曲をきいて調整する
その3.歌の上手い人にもマイクを渡し助けてもらう
その4.自分の耳をふさいでみて自分の声を聞いてみる
その5.自分の歌声を録音してみる

スポンサーリンク

かぴばらニュース“をTwitterでフォロー!


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!