イカ釣りの仕掛けにおいて気を付ける5つのポイント

イカ釣りの仕掛けにおいて気を付ける5つのポイント

美味しいイカ、美味しいイカを新鮮なうちにいただけるイカ釣り、エギを使ったイカ釣りは、エンギングとも言われ大人気です。

とくに美味しくてエギングでも人気のアオリイカの釣りの仕掛けおいて気を付けるポイントを経験をもとにまとめてみました。


スポンサーリンク


 

イカ釣りの仕掛けにおいて気を付ける5つのポイント

 

その1.アオリイカの釣り方などについて

 食べて美味しい釣っても楽しいアオリイカ、人気のエギングではエギ(餌木)という返しのないハリがエギの下についており、エビのような形状の首元あたりに錘も一体になった疑似餌を使用します。

エギのサイズは釣り場の形状や、陸から釣るのか、船から釣るのかで、違ってきます。糸はPEライン、リーダにカーボンライン、竿はイカ釣り用の竿も出ておりますが、エギをキャスティングできて、イカを持ち上げられる竿であればよいでしょう。

エギをキャスティングするのでスピニングリール、スピニングロッドがよいでしょう。

 

 その2.エギの選び方

 その昔は木に布を貼った漁具であったといわれる、エギは最近は木製のものもありますが、プラスティック製のものが主流です。形状は各種メーカーにより違いはありますが、おおむねエビのような形状で、錘の重さと大きさでサイズがあります。

釣具店にはエギは、イカへのアピールが高いという色がいろいろそろっています。行く場所がよく分からない場合は、錘の重さ、大きさ、色など複数用意しておくことが望ましいでしょう。

時期によりアオリイカがまだ大きくなっていない場合は小さ目のエギも良いでしょうが、小さいものは釣らない、大きくなってから釣るというのが、乱獲を避ける点でおすすめです。

大物狙いの方は大き目のエギも良いでしょう。ただ浅瀬の場合は錘が重すぎると底に引っかかってしまうので注意が必要です。

 

 その3.ラインの選び方、リーダーの必要性

 使用する糸は、メインの糸は一般的なナイロンの釣糸と比べると、引張強度の強いPEラインがおすすめです、PEラインとはポリエチレンのより糸で、さわった感じは、縫い糸のような感触です。より糸のため引張強度は素晴らしく、細くても強いという利点があります。

ただし障害物などにこすると、切れやすいため、使用するときは、障害物をこする部分や釣る魚などに触れる部分をリーダーとして別の糸で補強する必要があります。

メインのPEラインとリーダーのカーボンラインのつなぎ目が弱いと、エギがなにかに引っかかると、ラインは切れずにすぐつなぎ目で取れてしまいます。錘もハリもついたプラスティック製のエギが海の中に残されるというのは環境としても良くありません。

つなぎ目の結びが怪しい方は釣りに行く前に必ず家で練習しておきましょう。ラインの負荷限界を超えた時点で、つなぎ目以外のところが切れることが望ましいです。ドラグ調整用の計測器などで確認できます。この時に、スピンニングラインのドラグ調整もあわせてしておきましょう。

スポンサーリンク

 その4.道具に関すること、竿の重要性

 エギング用という竿も各種メーカーから出ています。細めのPEラインを使用するので、ガイドの径が小さ目で、ラインが絡みにくくなっていたり、竿の中をラインが通るインターラインの竿もあります。

主にティップと呼ばれる先端が細くなっており、竿にもあたりが出るような先調子で、真ん中あたりで大き目なイカでも持ち上げられるような、竿などがおすすめです。

 

その5.ルールを守ること、釣り場を汚さない、無断駐車しない

 人気の釣りになればなるほど、釣り人の数も多くなり、様々なトラブルも出てきます。漁港などで人気のスポットは、必ず漁師さんの迷惑にならないようにしましょう。駐車禁止の場所に車を止めたり、ゴミを持ち帰らなかったり、ましてや船にさわったり仕掛けを引っかけたりなどと、迷惑行為が増えれば、釣り人は立ち入りを禁じられることでしょう。

昨今では釣り禁止、立ち入り禁止になったという話をちらほら聞きます。自分で自分の首を絞めているようなものです。漁港は漁師さんのお仕事の場であることをキチンとわきまえましょう。もちろん立ち入り禁止の場所では絶対釣りをしてはいけません。

アオリイカは小さ目の船をチャーターして内湾などをまわってもらっても、とっても楽しめるので、仲間が集まったら、船宿などを利用するのもおすすめです。人数次第ではお得な場合もあります。陸からは狙えないポイントや、大型を釣りたい場合にもおすすめです。

駐車場ももちろん用意されていますので安心して釣りを楽しむことができます。

 

いかがでしたか?

釣りを楽しむ人方は、荷物にマナーもぜひ忘れずに詰め込んで釣りに出かけていただきたいと思います。そうすることにより、更に釣りが楽しいものになるはずです。

 

まとめ

イカ釣りの仕掛けにおいて気を付ける5つのポイント

その1.アオリイカの釣り方などについて
その2.エギの選び方
その3.ラインの選び方、リーダーの必要性
その4.道具に関すること、竿の重要性
その5.ルールを守ること、釣り場を汚さない、無断駐車しない

スポンサーリンク

かぴばらニュース“をTwitterでフォロー!


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!