福山雅治のコンサートのセットリストには外せない!この5曲

福山雅治のコンサートのセットリストには外せない!この5曲福山雅治は数々の名曲を生み出したことで知られています。彼のコンサートに行くなら、ぜひ聞きたいと思うものはいくつもありますが、その中でもこれだけはセットリストから外せない!という5曲をご紹介いたします。


スポンサーリンク


 

福山雅治のコンサートのセットリストには
外せない!この5曲

 

NO1は「桜坂」

 福山雅治のコンサートのセットリストに絶対外せない曲といえば、やっぱりこの「桜坂」でしょう。彼の曲の中でもNO1ともいえます。福山のコンサートに行くのは、この曲を生で聴きたいからと言っても過言ではないのです。

 この曲は、2000年のオリコン年間ランキング2位となりました名曲中の名曲です。さらにダブルミリオンも達成しているのです。彼のファンではなくても、この桜坂走っているという人も多いでしょう。

 しっとりとしたバラードで別れてしまった恋人との事を歌ったフレーズは、聴く人の胸を締め付けます。春の桜の季節になると、この曲を聞きたいという人もいるでしょう。

 桜の美しさと終った恋がリンクして、泣きたくなるような想いが込み上げます。誰にでも切ない恋の思い出はあるでしょう。そんな思い出が呼び起される、思わず涙がこぼれそうな一曲なのです。

 福山雅治といえば、思わず「桜坂」のタイトルが出るくらい有名な曲です。彼のコンサートに行くなら必ず聴きたい、そんな一曲といえるでしょう。

 

 

前を向く勇気をくれる「虹」

 福山雅治の曲の中でよく知られているのが、この「虹」という曲でしょう。この曲も、コンサートのセットリストからは外せない、そんな曲なのです。

 この曲は2003年のオリコンランキングで2位をとっています。そして何より、テレビドラマの「WATERBOYS」と「WATERBOYS2」の主題歌として知っているという人も多いのではないでしょうか。

 ドラマティックで未来を期待させるこの曲は、聴く人をとても励ましてくれます。落ち込んでいても、思わず前を見て進んでいこうと思える曲なのです。

 曲の中で「今僕は行くのさ イメージの向こう側へ さあ飛び立とう」という歌詞がありますが、そのフレーズを聴いた瞬間、視線を上に向けた人もいるでしょう。生きていくのは楽なことばかりではないですが、自分にはまだまだ可能性があるということに気が付かせてくれるのです。

 しんどいことがあっても、コンサートでこの曲を聴ければ、まだまだやっていけると思うことができそうです。そんな心の応援歌でもある「虹」は、必ず聴きたい曲なのです。

 

 思わず胸を打つ「家族になろうよ」

 この曲を、コンサートのセットリストに入れてほしいという人は多いのではないでしょうか。胸を打つ曲が多い福山雅治ですが、その中でもこの「家族になろうよ」は、家族の絆をテーマにした、優しい歌なのです。

 2011年8月発売の、ゼクシィのCMソングとしても起用されていました。テレビやメディアで初めて聴いて、歌詞に感動した人も多いでしょう。大切な誰かと家族になりたいと思った人もいたはずです。

 サビの部分に「どんなことも越えていける 家族になろうよ」というフレーズがありますが、これから愛する人と家族になろうとする決意や、その家族をいつまでも大切にしたいという気持ちが伝わってきます。この曲を聴くと、心に一番大切な愛する人が、ふっと思い浮かんでしまうのです。

 愛する人と家族になりたい、そしてその大切な家族を守りたいという気持ちが溢れてくるのがこの曲です。そして、やっぱりコンサートでもぜひ聴きたいと思ってしまうのです。

スポンサーリンク

女性の気持ちを歌った「Squall」

 福山雅治は男性ですが、女性の気持ちをしっとりと歌った曲もいくつかあります。それがこの「Squall」、そしてコンサートのセットリストに入れてほしい曲でもあるのです。

 この「Squall」は、もともと松本英子に提供した楽曲「Squall」のセルフカバーです。男性の福山雅治が、女性の気持ちを表したこの曲を歌ってくれると、思わずジーンとしてしまうのです。

 「一緒にいたい 二人でいたい」という歌詞が途中に出てきますが、そんな言葉を彼の声で歌われると、女性としては泣きたくなるくらい胸がぎゅっとなるのです。

 ファンの間でも人気の高いこの曲は、コンサート会場で福山雅治や他のファンとも一緒に歌って、気持ちを共有したいと思ってしまうのです。

 

 やっぱりこの曲が聴きたい!「HELLO」

 福山雅治のコンサートで、セットリストに欠かせないといえば、やっぱりこの「HELLO」でしょう。もう20年も前の曲ですが、今聴いても思わず口ずさんでしまう、そんなメロディーなのです。

 1995年のオリコン年間ランキング3位に入ったのがこの曲です。ミリオンを達成したことも知られているでしょう。そして、テレビドラマの「最高の片思い」の主題歌でもありました。

 曲のサビの部分にある「恋が走り出したら 君が止まらない」というフレーズは、恋をしている人なら誰でも共感できるでしょう。切ない時もありますが、恋はやっぱりキラキラしていて走り出したくなるような、そんな素敵なものであるということを思い出させてくれるのです。

 この曲が歌われるようになってもう20年たちますが、いつまでたっても大好きな曲であるということは変わらないのです。

 

 いかがでしたか?

福山雅治は素晴らしい曲をいくつも世の中に生み出しています。そのどれもが素晴らしいのですが、その中でも絶対!と思える曲は、この5曲と言えるでしょう。コンサートのセットリストには外すことができない、素晴らしい曲なのです。

 

まとめ

福山雅治のコンサートのセットリストには外せない!この5曲

・NO1は「桜坂」
・前を向く勇気をくれる「虹」
・思わず胸を打つ「家族になろうよ」
・女性の気持ちを歌った「Squall」
・やっぱりこの曲が聴きたい!「HELLO」

スポンサーリンク

かぴばらニュース“をTwitterでフォロー!


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!