ハロウィンに最適な5つの飾り付け

ハロウィンに最適な5つの飾り付け

毎年10月最後の日に行なわれるハロウィンは、飾り付けを見ただけでわくわくします。もともとアメリカの風習で子供たちが仮装をして近所をまわり、トリックオアトリート(お菓子をくれないといたずらをするぞ)の合言葉でキャンディなどを貰います。

このときに欠かせないのが仮装です。アメリカではその年に流行った映画のキャラクターや、ホラー映画の有名なキャラクターなど、それぞれの個性を生かした衣装がとても印象に残ります。日本でも最近とても人気のあるハロウィンですが、仮装コンテストや、数多くのイベントも開催されるほど浸透してきましたね。

ではどんな仮装や飾り付けがハロウィンに最適なのかご紹介しましょう。一年に一度のお祭り騒ぎは、ちょっと個性を生かして目立ちたいですね!


スポンサーリンク


 

ハロウィンに最適な5つの飾り付け

 

ポイントその1.かぼちゃの衣装

 ハロウィンの基本となるオレンジのかぼちゃのモチーフを使った衣装は一番無難ですが、基本ともいえるかぼちゃのデザインを使いちょっとアレンジしてみるといいですね。かぼちゃの葉っぱの部分を緑の色の帽子にして、洋服部分はふんわりしたオレンジ色にすると全身かぼちゃをイメージしたスタイルが出来ます。

オレンジ色はとても目立つ鮮やかな色なので、ハロウィンには一番人気があります。子供から大人まで絶対に間違えのない衣装の一つです。そしてかぼちゃのバッグやアクセサリーなども沢山使うと、さらにハロウィンらしくなりますので、カラーの基調をオレンジにすることはポイントになります。

 

ポイントその2.小物を使うこと

 ハロウィンはもともと怖がらせることを目的にしたデザインがとても多い為に、ホラー系のメイクや飾りなどがとても多いです。ドラキュラや魔女などお決まりのキャラクたーはもちろんですが、小物を使う事でさらに本格的な飾り付けをすることができます。

ポイントとなるのは、例えば魔女のほうきや、帽子、ガイコツなど、ちょっとびっくりするようなコンセプトの飾りも人気があります。全体的にモノトーンで、暗い感じするとハロウィンの怖い面をアピールできますね。部屋の飾り付けには、綿を使ってくもの巣風にアレンジしたり、ホラー映画に出来てくるお面やマスクなど使ってもこわさ倍増です。

 

ポイントその3.オリジナルの手作りで勝負

 衣装や飾りつけなど、最近ではハロウィンの用の型紙も販売されています。人と違ったものでアピールする為に、自分で手作りのオリジナル品もいいですよね。インテリアの場合は基本となるオレンジと黒を使い、ランチョンマットやカーテンなどもハロウィンバージョンにしてみると面白いですね。

玄関先に置く、ジャックオーランタンは手に入れるのが難しいために、オレンジ色の大きなポリ袋を使って中に新聞紙など要らないものをつめて、オブジェを作ってもよいでしょう。そのときにパンプキンの顔を黒マジックで書いていくとさらにインパクトがでますよ。

スポンサーリンク

ポイントその4.ハロウィン用のリース

 玄関のドアにつけるリースは、季節感を出すためにも効果的です。ハロウィンは季節が秋のため、オレンジ色や紅葉した葉っぱの色を基調として、ハロウィン用のリースを使うと効果的です。リースは自分で飾りつけることができますので、シンプルな何も付いていないリースに、パンプキンや葉っぱなどフェルト生地を使って飾りつけしてみましょう。季節感を出すように色を統一すると綺麗に仕上がります。

クリスマス用のリースとは異なり。ハロウィンの場合はオレンジ色が基本です。秋を意識して、かかしなどのデザインを加えても綺麗ですね。家の玄関や入り口はとても目に付きやすいので、手の込んだ飾り付けをすると楽しいです。

 

ポイントその5.キャンドルを使うポイント

 ハロウィンは夜になるとさらに盛り上がります。ハロウィンのパーティは特に飾り付けのされた家の中で行なうとさらに盛り上がりますね。このときにポイントとなるのがキャンドルです。ハロウィンの本来のキャンドルはオレンジ色の顔の付いたパンプキンの中身ををくりぬいたものに、キャンドルを立てておくものです。

しかし屋外では実際には風が吹いたりするために、室内でキャンドルの明かりを楽しむほうが素敵ですね。かぼちゃの形をしたキャンドルホルダーや、顔がくりぬいてあるパンプキンのろうそく立てなど、キャンドルの明かりを楽しむためにもとても良いチャンスですね。

 

いかがでしたか?

ハロウィンの季節には期間限定の商品が沢山販売されます。お菓子にはパンプキンを使ったケーキや、キャンディー、その時期にしか食べることが出来ないものも沢山あります。一年に一度のハロウィンなので、この時期は早めにインテリアの飾りつけやファッションにもアイデアと取り入れると楽しくなります。

人にアピールするだけでなく、自分だけでも充分に楽しむことが出来るハロウィンですが、イベントやパーティなども多く開催されています。色々な楽しみ方が出来ますが、まず気分を盛り上げるためにもハロウィンの飾り付けにはちょっと凝ってみませんか?子供のように大人までもワクワクすることができますよ。

 

まとめ

 ハロウィンに最適な5つの飾り付け

その1.かぼちゃの衣装
その2.小物を使うこと
その3.オリジナルの手作りで勝負
その4.ハロウィン用のリース
その5.キャンドルを使うポイント

スポンサーリンク

かぴばらニュース“をTwitterでフォロー!


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!