ハロウィンの仮装で子供が着るのに最適な5つの衣装

ハロウィンの仮装で子供が着るのに最適な5つの衣装

「トリック・オア・トリート?」のセリフで有名なハロウィン。元々は海外での風習ですが最近は日本でもハロウィンを楽しむ事が多くなりましたね。ハロウィンといえば、カボチャ頭のお化けや魔女などに仮装した子供たちが、近辺の家を「トリック・オア・トリート?」と聞いて回り、お菓子を受け取るのが一般的ですね。

イタズラをされないようにお菓子を用意する大人も、ノリノリで楽しんでいる姿を海外では多く見受けられます。日本では近隣の家を回る事はほとんどありませんが、ハロウィンパーティーでたくさんのお菓子をもらって喜んでいる子供たちをよく見かけます。お店などでもサービスでお菓子を配ったりしていますね。

今回はそんなハロウィンでお化けに仮装する子供たちに、最適な服をご紹介します。子供たちが精一杯楽しめるように配慮して衣装を選んであげましょう。


スポンサーリンク


 

ハロウィンの仮装で子供が着るのに最適な5つの衣装

 

その1 大きなポケットがついたもの

ハロウィンではたくさんのお菓子を子供はもらいます。だいたいがすぐに食べきれない量だったりするので邪魔にならずに持ち歩けるようにポケットがあるものが良いでしょう。お腹のあたりにたくさんお菓子が入る大きめのポケットがあれば、子供もお菓子を持っておく場所を心配せずに楽しめるでしょう。

また、お腹のあたりにポケットがある場合は、子供は自分が貰ったお菓子をすぐに見て確認しやすいので、たくさんもらえて嬉しいと感じたり、もっとお菓子を集めるぞと思ったりするのでとてもオススメです。

ポケットが大きいと大人も確認しやすいので、もし子供が手に物を持っていて受け取りにくいときでも、すぐにそのポケットにお菓子を入れてあげることができます。数多くのお菓子をもれえる日だからこそ、もらったお菓子が邪魔にならないようにポケットは必須だといえるでしょう。

 

 その2 マントやスカートは短めに

いろいろな場所でお菓子をもらう子供は必然的に移動が多くなります。マントやスカートで身をくるむ衣装も多いですが、移動の際には邪魔になってしまうので短めの物を選ぶのが良いでしょう。また、多くの人数で一緒に行動したりもしますので長い衣装は踏まれたりもして転倒の危険があります。

長くても足だけはしっかりと出してあげれば、そういった危険は無くなりますので子供も安心して楽しむことができます。マントは意外に防寒機能も果たしますので気温によっては最適なアイテムといえます。ただ、マントで体が隠れるからと中身を普通の服にするのは良くありません。

マントが不慮の事故で破れたりした場合も内側の衣装がしっかりしていれば子供も雰囲気を壊さずに楽しめます。暑くてマントを外したい場合も自由にできるように、着脱は簡単にしてあげた方が良いですね。

 

 その3 蛍光色の衣装

インナーや衣装の一部に蛍光色が使われているとグッと華やかなイメージになります。ハロウィンのイメージに合わせるならオレンジの蛍光色が良いでしょう。日常であまり身に着けない蛍光色だからこそ、ハロウィンでは子供の気分が盛り上がること間違いなしです。

また、ハロウィンでお化けの仮装というと黒や紺などの暗い色がメインで使われます。そのため夜道などを歩くと危険があるので、衣装に蛍光色などを入れることで子供の安全を守ることにも繋がります。楽しいハロウィンだからこそ危ない目に合わないように考慮した服装が必要ですね。

スポンサーリンク

 その4 くつにこだわる

服装で気合を入れる人は多いですが、服装の印象を決めるのは「くつ」です。服装よりも、くつにこだわるとグッと華やかな印象になるでしょう。ハロウィンならではのブーツやシューズを用意すると子供の印象も大きく変わります。

基本的に動き回るので、かかとの高いヒールなどはオススメしません。できるだけ動きやすさを重視したデザインのものが良いです。また、ハロウィンは服装にアレンジを加えられるので楽しい工夫ができます。

子供ならではの可愛らしいブーツや革靴に蛍光反射テープなどでアレンジを加えて、夜中に光る不思議なくつを作ってみたり。鎖などの金属を加えてワイルドなイメージを作ってみたりと変化を楽しめます。普段はくつにこのようなアレンジをすることはないので、ハロウィンならではの楽しみ方をしてみると良いでしょう。

 

 その5 子供が好きなキャラクター

やはりハロウィンを楽しむ主役は子供です。そんな子供にも自分の好きなお化けなどの姿があると思います。服装を選ぶ際には子供の好きなお化けのイメージを取り込んだ姿にしてあげると良いでしょう。

魔女が好きな子は、可愛い魔女のイメージを服装にいれたり、ガイコツが好きな子には蛍光テープを服に骨の形で貼ってあげるだけでも、とても喜んでハロウィンを楽しむことができるでしょう。なりたい姿にならせてあげる事を意識すればお化けになりきって子供も楽しめます。

その姿をモチーフにして小物や衣装を選んであげると、世界に1人だけのハロウィン衣装が完成します。ハロウィン衣装を子供が納得して身に着けていれば、ハロウィンは一生忘れることのできない素敵な思い出となるでしょう。やはり子供が望む姿が、もっとも適した衣装です。ぜひ子供の意見を取り入れることを忘れないでください。

 

いかがでしたか?

ハロウィンはクリスマスなどと同様に1年でたった一度しかない貴重な日です。だからこそ素敵な日になるように子供の意見を取り入れてあげましょう。可愛いからと自分が望んだ服装を着せるのは子供にとっては苦痛になる可能性もあります。

楽しいものだと理解させるためにも、子供と一緒に服装を選んでいくことを重視してください。一生懸命、子供と服装を試行錯誤した結果、子供がハロウィンで楽しんでいる姿を見るとあなたも幸せになれるに違いありません。ただ、帰って来た子供に「トリック・オア・トリート?」といってイタズラされないためにもお菓子の用意は忘れないでくださいね。

 

 まとめ

 ハロウィンの仮装で子供が着るのに最適な5つの衣装

その1 大きなポケットがついたもの
その2 マントやスカートは短めに
その3 蛍光色の衣装
その4 くつにこだわる
その5 子供が好きなキャラクター

スポンサーリンク

かぴばらニュース“をTwitterでフォロー!


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!