眼精疲労からくる頭痛を改善する5つの方法

眼精疲労からくる頭痛を改善する5つの方法

眼精疲労の頭痛は、自分でも気がつかないうちに悪化していくことがあります。長時間パソコンを使うことが増えてきた現在では、眼精疲労はとても深刻になっています。目を使う作業を長時間続けることにより、疲労もちろんですが、視力の低下につながることも良くあります。そしてもっとも多いのが頭痛です。そのままにしておくと症状が悪化してしまうことがありますので、早い段階でのケアが必要になります。

では眼精疲労からくる頭痛にはどのような改善方法が効果的なのでしょうか。私たちの生活には、目を使う作業が一日中続きます。しかし工夫をしながら生活をすることで、辛い頭痛の原因となる眼精疲労を回復して、痛みの原因を克服してきましょう。


スポンサーリンク


 

 眼精疲労からくる頭痛を改善する5つの方法

 

その1.整体治療による改善

眼精疲労からの頭痛原因の大部分は、頭蓋骨の中央に位置する蝶形骨のゆがみによるものです。そのために、一般的に起こる頭痛にはこめかみの痛みが多いようです。しかし頭痛が始まってこめかみを押さえたり、マッサージをすることはかえって刺激となりますので、注意が必要になります。頭痛がひどく、なにも集中が出来ないようなときには、原因となる蝶形骨のゆがみを改善する方法があります。

これは専門的な機関で行うことがオススメですが、首の間接部分を改善することで、骨のゆがみを改善することが可能になります。蝶形骨には眼球につながる神経も多く通っているために、整体治療などを行う場所で治療をしましょう。

 

その2.蒸しタオルを使ったケア方法

お風呂にゆっくりつかることで体の血行が活発になります。リラックスできることも重要ですが、このときに目の上に蒸しタオルを置いて10分間温めます。疲労をとる目的と、血行を改善する効果があります。毎日蒸しタオルを使ったケアをすることで、目を酷使する作業を続けていても多少の改善は可能です。

眼精疲労は慢性化している場合が多く、根本的な原因を改善しないと、頭痛などの症状を和らげることが難しいです。しかし仕事や生活のためには目を使うことがどうしても必要な場合には、眼精疲労と上手に付き合うことも必要ですね。そのためにも疲れた目を休めるために、蒸しタオルを使ったケアを毎日行ってください。

 

その3.目に良い食べ物をとること

眼精疲労に効果のあるものがブルーベリーです。成分のポリフェノールやアントシアニンには、網膜の成分を活発にする効果がありますので、視力の低下や疲労回復にとても効果があります。ブルーベリーは入手が困難な場合には、サプリメントとしてとることもできますので、毎日習慣をつけてブルーベリーをとることが必要です。ポリフェノールには老化防止作用もありますので、目に疲労をためないように予防する作用もあります。

そしてパソコンなどの光から目を守るためにも、レバーなどに含まれているビタミンAがとても効果があります。目が刺激によわくなると、さらに疲労となり頭痛の原因になります。特に目の奥が痛くなるときには早めのケアが大切です。

スポンサーリンク

その4.疲れたら目のストレッチ

長時間同じ作業を続けるようなときには、必ず1時間に10分間ほどの休憩を取りましょう。パソコンを使うときは特に同じ姿勢でいる場合が多いので、肩こりなどの原因にもなります。目をストレッチするにためには、作業をとめて眼球をくるくる360度回転するように動かします。

そして遠くを見つめたり、目を閉じることも必要です。パソコンを使う作業の場合は、瞬きをする回数も減ってしまうために、眼球が乾燥することもあります。休憩時間に瞼を閉じて潤いを与えるようにケアをして見ましょう。よほどひどい場合には目薬を使うことも良い方法です。

 

その5.アロマで癒しの効果

眼精疲労からくる頭痛は、ストレスや緊張感なども関連しています。そのためにリラックスして充分な睡眠をとることがとても効果があります。その日の疲れはその日のうちに回復することが重要です。アロマのオイルを使ったリラックス効果で、質の良い睡眠をとりましょう。頭痛は自律神経のバランスにより起こることもあります。

睡眠をとることで神経の安定をさせることが出来ますので、夜更かしをすることは避けましょう。そしてアロマオイルは体につけることができますので、頭痛を予防するために、寝る前にオイルを使ったマッサージもいいですね。

 

いかがでしたか?

眼精疲労は頭痛をはじめ、吐き気や食欲不振など、様々な体のトラブルの原因となります。定期的に行う全身運動も、眼精疲労には効果的です。体の血行を改善して老廃物を排出すると、体内のめぐりもよくなりますので、眼精疲労を予防することができます。

目を酷使する作業はなるべく避けたいのですが、目を休めながら、疲労をためないように工夫をすると頭痛の予防になります。なるべく痛み止めなどの薬を服用しないで、自力で克服できると体にも安心ですね。

 

まとめ

 眼精疲労からくる頭痛を改善する5つの方法

その1.整体治療による改善
その2.蒸しタオルを使ったケア方法
その3.目に良い食べ物をとること
その4.疲れたら目のストレッチ
その5.アロマで癒しの効果

スポンサーリンク

かぴばらニュース“をTwitterでフォロー!


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!