エギングの仕掛けについての知っておきたい5つのワザ

エギングの仕掛けについての知っておきたい5つのワザ

人気のイカ釣り「エギング」。このエギングの仕掛けについて知っておきたいワザを調べてまとめてみましたのでよかったらぜひ参考にしてみてください。


スポンサーリンク


 

エギングの仕掛けについての知っておきたい5つのワザ

 

その1.エギのカラーについての知識

美味しくって、釣りもとってもイカ釣り、エギングで人気のイカ釣りは、エギ(餌木)という疑似餌を使用します。このエギは、ハリに返しがついていないものと、エビのような形をしたプラスティック製や木製のもので、エビのような形の首元あたりに錘もついているものです。エギには様々な色がありますが、どんな色を揃えるのが良いのでしょうか?

基本のカラーで押さえておきたいカラーは、まずはピンクとブルーです。比較的安価なシリーズでも揃うカラーで、海釣りの基本カラーとなります。この2色をそろえた後は、好きな色を選んでいきましょう。

カラーは、大まかなにアピールカラーとナチュラル(ダーク)カラーの2つに分類することができます。ジギングなどにも共通する考え方ですが、海に濁りがあるときや、暗い時はアピールカラー、明るい時や透明度が高い時はナチュラル(ダーク)カラーというのがおすすめです。

初心者向けのエギセットなどは、バランスよくセットされていておすすめです。釣り場によって独特のイカに人気のカラーがあるので、釣り場近くの釣具店を覗いてみるのもよいでしょう。ここで一番大事なのは人間に人気のカラーではなく、イカに人気のカラーを選ぶことが大切です。

 

その2.エギの重さ、おもさの調節について

エギには一体化している重さがあります。大きさと重さ違いでどれを選べばよいかわからない場合は、イカ釣りに行く釣り場の深さや場所に応じて選ぶ必要があります。またイカが小さい時期や小さ目のイカがターゲットの時は、小さいエギも良いかもしれませんが、あまり小さいイカは釣らず、大きくなってから釣っていただけたらと思います。

大物を狙いたい人はやはり大き目のエギが良いでしょう。数は釣れにくくなるかもしれませんが、大物を狙えておすすめです。また釣り場にいってエギが軽すぎた場合にお勧めなのが、針金状の錘です。釣り具屋さんに売っているのでぜひ購入して携帯しておきましょう。

針金状の錘なので好きな長さでペンチなどで切ってエギの錘部分にクルクルと巻き付けることで、重さを簡単に調節することができます。重さが変わるとエギの沈下姿勢が変わって釣果に影響が出ることがありますので、沈めてる途中で釣れているときは、姿勢も確認して重さの調節をしましょう。

 

その3.エギングのリーダーについて

エギングでは主にメインのライン(糸)にPEラインを使用します。このPEラインは、引っ張った時の強度が強いラインです。素材は、ポリエチレンのより糸でできており、触ると縫い糸のような感じです。細くても強く、なかなか引っ張ってはなかなか切れませんが、擦れると切れやすいため障害物などで切れやすいというデメリットもあります。

なので障害物にこすりやすい、先端部分には、リーダーという違う種類のラインを使用します。リーダーには、フロロカーボンなどがおすすめです。最近ではエンギング用の専用のリーダーラインも販売されており、釣り場で切れたときにすぐ使いやすい持ち運びに適した、ケースなどに入っているものなどがおすすめです。

スポンサーリンク

その4.ノット(結び方)について

リーダーをメインのラインと繋ぐために結ぶ必要があります。結び方はいろいろとありますが、ラインの強度を落とさずに結ぶ方法というのは難しい結び方が多く練習も必要です。一般的には電車結びという結び方がおすすめです。

PEライン側とリーダーライン側に結び目の瘤を作り瘤同士をぶつけてつなぐ方法で、瘤が2つできるのですが、エギングのラインはそれほど太くない場合が多いので電車結びもおすすめです。結ぶ際摩擦熱でラインが傷まないよう湿らせて結びましょう。つなぎ目の結びが自信がない、怪しいという方は釣りに行く前必ず家で練習しておきことも大切です。リーダーが切れた際に釣り場でササッと結びなおせなくては、エギングを楽しむこともできませんね。

 

その5.やっぱり大切道具について

エギング用の竿やリールが、各種メーカーからたくさん販売されています。エギングでは、細めのPEラインを使用することが多く、竿のガイド径が小口径である方が、PEラインが絡まずおすすめです。また竿の中をラインが通るインターラインと呼ばれる竿もおすすめです。

竿の調子は、ティップと呼ばれる先端が先調子で、竿にもあたりが敏感に出るような竿で、竿の胴あたりで大き目なイカもさっとしっかりあげられるものが良いでしょう。

リールは、キャスティングや、エギのアクションをつけるのに邪魔にならない小型の物が良いでしょう。海水用であることも大切です。

 

まとめ

エギングの仕掛けについての知っておきたい5つのワザ

その1.エギのカラーについての知識
その2.エギの重さ、おもさの調節について
その3.エギングのリーダーについて
その4.ノット(結び方)について
その5.やっぱり大切道具について

スポンサーリンク

かぴばらニュース“をTwitterでフォロー!


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!