コサージュを手作りする時に知っておきたい5つのポイント

コサージュを手作りする時に知っておきたい5つのポイント生花でコサージュを手作り出来れば、卒業式・入学式・結婚式・パーティー…。と色々な場面で、ちょっとしたアクセントになりますよね。たとえ、色が紺の清楚なワンピースでも、華やかな印象を与えられます。

コサージュはちょっとしたお花で作ることができます。そんなコサージュ作りをして、人とちょっと違う自分を演出してみましょう!コサージュを手作りする時に知っておきたい5つのポイントを説明していきます。


スポンサーリンク


 

コサージュを手作りする時に
知っておきたい5つのポイント

 

花びらや茎や葉はしっかりしたものを選ぶ

初めて、コサージュを作ろうと思っている方は特に、しっかりしたお花や葉を選びましょう!お花選びは、ついつい、自分の趣味で選んでしまいがちです。そうすると、優しい花が好きな人はついつい、弱々しいお花を選んでしまいます。

弱々しいお花や葉だと水揚げが上手くいかず、服に付けている間、元気のないお花を付けていなくてはなりません。元々、しっかりとしたお花や葉でコサージュを手作りしたら、多少、お花の水揚げが上手くいかなくても、身に付けている間は元気でいてくれる可能性が高いです。

お花選びが、手作りのコサージュが上手くできるかどうかを決めると言っても過言ではありません。

 

用意するお花は予備も用意

コサージュに必要な本数だけ、用意するのは大変、危険です。必ず、予備も用意しておきましょう。お花を挿して、コサージュが出来る資材もあります。アクリルでできていて、茎をその部分に挿して、安全ピンで留めるタイプのものです。お花の資材が売っている所や、お店がなければ、ネットでの購入、もしくは、お花屋さんに相談してみるのもいいかもしれません。

これは、簡単なコサージュで花の本数も入らないので、華やかさには、欠けてしまいます。しかし、手軽にできて、誰でもできる利点があります。このタイプとコサージュならば、失敗のリスクもないので、あまり予備は必要なさそうですね。

 

しっかり水揚げをする

ワイヤーでコサージュを手作りしていきます。だから、茎の部分は短く切って、しばらく、ボールのような深い入れ物にいれて、しっかりと水揚げをする必要があります。

しっかりと水揚げをしてあるかどうかの見極め方は、花びらまで、ぴんと水が行きわたっているかどうか、触ってみることです。

生花の場合、元気な花であるかどうかで、手作りのコサージュの印象が変わってきます。くれぐれも、買ってきた花の首を切って、そのまま、お花を使うことだけはやめましょうね。このひと手間が、成功の秘訣です。生花のコサージュの主役は、お花です。

スポンサーリンク

ワイヤリングの練習をしてから本番に臨む

生花のコサージュを手作りする際に、ホルダーを使用しない場合は、ワイヤーを使用して手作りします。必要な物は、ワイヤーとワイヤーを切るハサミ、フローラルテープです。ワイヤーの種類は、地巻きワイヤーといって、ワイヤーにグリーンのテープを巻いたタイプと何も巻いてないタイプがあります。ワイヤーも太さが色々あります。これらの資材は、ネットで購入できます。

花や葉のワイヤーの通し方は、花の時は、普通のワイヤーを使用します。茎と花の間にワイヤーを通します。そしてフローラルテープでワイヤーを隠します。

葉は、地巻きワイヤーを使用します。葉の上から3分の1ぐらいの所に、葉を引っかけるか、縫うかして、茎の所で3回ぐらい、回します。花も葉も切り口に湿らせたティッシュを付けて、保湿します。そして、フローラルテープでしっかり巻きます。

好きな形に組み立てて、ワイヤーをまとめます。待針をうつ部分を残して、フローラルテープでまとめてとめます。

 

リボン使いに気を付けて、コサージュの仕上がりを良くする

お花をしっかりワイヤーでとめ、フローラルテープで固定して、リボンを巻けば生花のコサージュの出来上がり!仕上げのリボンを、きれいにつけることが出来れば、仕上がりがグッとよくなります。

リボンの付け方だけは、練習あるのみです。鉛筆にリボンを巻いて、ワイヤーを茎に見立てて、練習するのもいいでしょう。

蝶々結びは、大丈夫ですか?リボンがなくても、花があるので、いいのかもしれませんが、リボンがあるのと、ないのとでは、仕上がりがグッと変わります。蝶々結びが苦手ならば、待針でうつ部分のみ、リボンで巻きつけるのもいいでしょう。

 

いかがでしたか?

もう少し、それっぽくしたい!と思うようならば、是非ぜひ、蝶々結びもコサージュに加えて、素敵なコサージュに1歩近づきます。

生花のコサージュを手作りする時に知っておきたいポイントを5つにまとめてみました。この5つをおさえると、それっぽく作れます。

試しに、練習をしてみることです。練習すれば、しただけ、上達します。生花のコサージュは、どんな服でも合います。そして、自分のことを引き立ててくれます。服のアクセントにつけましょう!

 

コサージュを手作りする時に知っておきたい5つのポイント

・花びらや茎や葉はしっかりしたものを選ぶ
・用意するお花は予備も必要
・しっかり水揚げをする
・ワイヤリングの練習をしてから本番に臨む
・リボン使いに気を付けて、コサージュの仕上がりを良くする

スポンサーリンク

かぴばらニュース“をTwitterでフォロー!


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!