コーヒー豆を保存する時の5つのポイント

コーヒー豆を保存する時の5つのポイントコーヒー豆は、正しい方法で保存をする事が必要です。コーヒーはなんといっても香りが命です。間違った保存方法をしていると、大切な香ばしいコーヒーの香りはどんどんなくなってしまいます。コーヒー豆はそのままにしておくと、2週間ほどで香りがなくなってしまうそうです。

短い香りの命も、保存方法で限りなく保つ事が可能になります。いつでも美味しいコーヒーを飲めるように、ぜひ注意をしときたいコーヒー豆の保存のポイントについてご紹介したいと思います。コーヒーショップのような香りをいつまでも保つには、保存方法と大切な関係があったのです。


スポンサーリンク


 

コーヒー豆を保存する時の5つのポイント

 

ガラス瓶で保管すること

 コーヒー豆を購入したら、まず袋から全ての豆を出します。そのままの袋で保管をしてしまうと、空気や湿気が入りやすくなります。コーヒー豆の油成分は、空気に触れると酸化してしまう為に、香りがなくなることと同時に味にも違いが出てしまいます。袋から出したコーヒー豆はガラス瓶に移し変えて保管をしてください。

この時に使うガラス瓶のポイントですが、蓋部分にゴムのパッキンが付いているタイプのものがお薦めです。空気の進入をしっかり防ぐ事が出来ますので、コーヒー豆がガラス瓶の中でいつまでもよい香りを保つ事が出来ます。袋では破損してしまう場合もありますので、コーヒー豆を購入したらすぐに容器を移し変える事がポイントです。

 

冷凍庫で保管をすること

 コーヒー豆を保管するのに最適な場所が冷凍庫です。湿気がなく通気性もあまりよくないために、コーヒー豆の香りを保つには最適な保管場所となります。毎回使う分だけを取り出して、すぐに容器の蓋をしめてまた冷凍庫に戻して置きましょう。冷蔵庫で保管をする方法もありますが、野菜などの強い匂いが移ってしまう可能性もありますので、臭い菌の繁殖を防ぐ事ができる冷凍庫がお薦めです。

コーヒー豆を購入する時には、あまり大量に買うことは避けたほうがよいでしょう。家での保管期間を短くすると安心です。コーヒー独特の香りを保つ為には鮮度が大切なのです。毎日コーヒーを飲む習慣がある方は沢山いますが、どうせ飲むのなら、味や香りにはこだわって飲みたいですね。

 

空気と湿気をさけること

 コーヒー豆の保存をする基本は、空気と湿気を避けることです。コーヒー豆は酸化しやすいことが特徴です。保管をする場所は冷暗所で、通気性のないところが良いでしょう。食品棚の中などで、湿気が少ないところがお薦めです。コーヒー豆ならば、2ヶ月ほどは香りを保つ事が可能ですが、コーヒー粉の場合には、2週間程度で香りがなくなってしまいます。

保存方法により、さらに効果的に鮮度を保つ事が出来ますが、大切な事は新鮮なコーヒー豆を買うことです。購入した段階ですでに香りを失っているものは、どれだけがんばっても香りを保つ事は出来ません。コーヒー豆の専門店や、しっかり梱包されたコーヒー豆を買うと良いでしょう。香りは日々失われてしまいますので早めに飲むことが必要です。

スポンサーリンク

プラスチック容器は使わない

 コーヒー豆を保存する為には、使う容器がとても重要なポイントになります。プラスチック製のタッパー容器では、香りを保つ効果はあまりなく、さらに味を悪くしてしまうというデメリットがあります。コーヒー豆を保管するにはガラス製の容器がお薦めです。しっかりと蓋ができるもので、コーヒー豆専用のガラス瓶も販売されていますので参考にしてください。

プラスチックには臭いが移りやすい特徴がありますので、色々なコーヒーを入れているとそのたびに香りが混ざってしまう原因にもなります。袋のままではコーヒー豆が酸化してしまう為に、ガラス瓶を使うことがお薦めです。保管に使う容器は毎回洗剤をつけて洗う必要はありません。ティッシュで軽く中をふき取る程度で大丈夫です。

 

挽いたコーヒー豆の場合

 コーヒー豆には、豆の状態のものと粉に挽いたタイプがあります。粉のタイプは豆に比べると更に酸化しやすい為に、購入したらすぐに飲むことがポイントです。そのためにはコーヒーの粉は買いだめをしないことです。コーヒーの粉は豆と同様の保管方法で、香りや味を保ってください。

しかし豆に比べると、保管できる期間も2週間程度ですから、ベストな状態でコーヒーを飲むにはこの期間にコーヒー粉を使いきることもポイントになります。コーヒー粉を購入する時のポイントですが、コーヒーは豆から炭酸ガスが発生する為に、店頭では袋がパンパンになっているものがあります。袋についている穴から、そのガスを抜くを仕組みになっていますので、購入の際には香りも確認する事が出来ます。

 

いかがでしたか?

コーヒーの香りにはリラックス効果がありますので、疲れたときにはどうしても飲みたくなることがありますよね。カフェインの働きは脳の働きを活発にする効果もありますので、集中したい時にもとても効果があります。そんな場合にも香りの良い美味しいコーヒーを飲みたいですね。

ご紹介した方法で、コーヒー豆が最適な状態で保管できるように工夫をして見ましょう。香ばしいコーヒーの香りは、疲れた時にはホッとする癒しになります。家庭でも本格的なコーヒーを淹れることが出来ますので、そのためにも正しい保管をしておきましょうね。

 

まとめ

 コーヒー豆を保存する時の5つのポイント

・ガラス瓶で保管すること
・冷凍庫で保管をすること
・空気と湿気をさけること
・プラスチック容器は使わない
・挽いたコーヒー豆の場合

スポンサーリンク

かぴばらニュース“をTwitterでフォロー!


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!