コーヒー豆の挽き方についての5つのポイント

コーヒー豆の挽き方についての5つのポイントコーヒー豆の挽き方によって、コーヒーの味わいも変わってくるのでかなり重要なポイントですよね。挽き方にこだわればこだわるほどに、コーヒーをさらに楽しむこともできます。

また、楽しみたいとは思っていてもいまいちよくわからないという人もいたりと、なかなか難しいポイントでもあるコーヒー豆の挽き方。今回はそんな、コーヒー豆の挽き方についての5つのポイントについて紹介していきます。


スポンサーリンク


 

コーヒー豆の挽き方についての5つのポイント

 

器具にあった挽き方を知る

コーヒー豆の挽き方はたくさん種類がありますが、使う器具によって挽き方も異なるために、まずはそれを知ることが大切だと言えます。器具にあったコーヒー豆の選び方、挽き方をしないとせっかくの美味しいコーヒーも台無しになってしまいます。

自分の持っている器具は何なのか。どういったコーヒー豆が器具に合っているのか。そこから自分が淹れたい、飲みたいと思うコーヒーを選んでみるのもいいですし、本格的にこれからコーヒーを追求していきたいと思うならば、そういった視点から器具やコーヒー豆を選んでみるのもいいでしょう。

 

粗さは均一に

コーヒー豆の挽き方のポイントとしては、挽いた時の粗さをいかに均一にできるかというのは重要なポイントとなっていきます。均一ならばコーヒー豆本来の美味しさを出すことができますし、味わい深い仕上がりになっていきます。

しかし粗さが均一ではないと、まとまりのないような、どこか雑に感じる味わいになってしまうので、美味しさも半減してしまいます。例えば粗さの中で大きな粉がおおければ酸っぱく感じますし、小さい粉が多ければ苦味が増してしまいます。

コーヒーを淹れても、どこかハッキリしない味になる。という場合はおそらく均一な粗さになっていないのが原因なので、挽き方を改めて考えなおすといいでしょう。

 

挽くときはコーヒー豆に負担をかけない

コーヒー豆を挽くときに、いかにコーヒー豆に負担をかけないかというのも、仕上がりに大きく影響してくのはご存知でしたか?やはり器具の手入れをしっかりしていなかったり、乱暴にコーヒー豆を挽いてしまうことによって、コーヒー豆に熱が伝わり劣化をして、味が落ちていってしまいます。

安価な器具ともなるとコーヒー豆に負担をかけやすくなってしまったり、劣化の原因になる熱を与えやすくなってしまうため、どうしても上手くいかない場合は多少値段は張るもののワンランク、ツーランク上の器具を購入したら一気に味が変わってくるかもしれません。

ポイントとしては、コーヒー豆に熱をなるべく与えない。ということを意識してみるといいでしょう。挽くとコーヒー豆に摩擦が生じ、それが劣化の原因になります。なるべくコーヒー豆に摩擦が生じないように、丁寧な挽き方を心がけていくと、雑に挽いたときと比べるとかなり仕上がりが変わってくるので気をつけてみてくださいね。

スポンサーリンク

好みの味をコントロールする

コーヒー豆の挽き方によって味が変わってくるということは、好みの味にコントロールすることもできます。もちろんコーヒー豆の種類にもよりますが、細挽きにすれば苦味が強まり、荒挽きにすれば苦味が弱まる。これを知っているだけでコーヒーの味をコントロールすることもできます。

同じコーヒー豆、同じ器具を使ったとしても、挽き方によって味は大きく変わっていきます。だからこそ奥が深く楽しめるコーヒーなので、色々な挽き方をして色々な味を知っていけば、好みの味をコントロールすることもできるのでオススメです。

 

荒挽きで美味しいコーヒーに

コーヒーを濃く味わい深いものにするためには、挽き方として細挽きが良いといいます。しかし細かく挽くというのはそれだけ調節も難しく、なかなか美味しいコーヒーに辿りつけないという悩みを抱える人が多いのも事実。

そんなときは荒挽きにして、粉の量自体を多くすればコーヒーも濃くなります。細挽きほど調節は難しくなく、コーヒー豆の本来の旨味を抽出することができるのでオススメ。しかし荒挽きで量を多く、というのはそれだけコストもかかるので、どうしてもこのコーヒー豆は美味しく頂きたい、という時などのここぞという時にやってみるといいかもしれませんね。

 

いかがでしたか?

コーヒー豆の挽き方についてみてきましたが、挽き方はたくさんあったり、器具との組み合わせによって味が大きく変わってくるため、コーヒーの味わい深い特徴と同じように、コーヒーの挽き方にしても奥が深いと言えます。

自分の器具・コーヒー豆に合った挽き方や、自分の好きなコーヒーの味を参考にして挽き方を試行錯誤していくと、とっても美味しい自分だけのコーヒーを作れるかもしれませんね。

 

まとめ

コーヒー豆の挽き方についての5つのポイント

・器具にあった挽き方を知る
・粗さは均一に
・挽くときはコーヒー豆に負担をかけない
・好みの味をコントロールする
・荒挽きで美味しいコーヒーに

スポンサーリンク

かぴばらニュース“をTwitterでフォロー!


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!