コーヒーの飲み過ぎによる5つのデメリット

コーヒーの飲み過ぎによる5つのデメリット疲れた時の1杯のコーヒーは格別です。毎日コーヒーを飲まないと一日が始まらない、そんな習慣になっている人も多いようです。コーヒーは、飲みすぎると体にデメリットがあります。美味しくてついつい飲んでしまうコーヒー。コーヒーショップの淹れたてがどうしても飲みたくなるときもありますよね。ではコーヒーの飲み過ぎで、体にはどんな悪影響があるのでしょうか。

健康の為には、ちょっと注意をしておきたいコーヒーのお話があります。気になる5つのデメリットについてご紹介しますので、くれぐれも飲み過ぎには注意をするようにしてくださいね。


スポンサーリンク


 

コーヒーの飲み過ぎによる5つのデメリット

 

カフェインの過剰摂取

コーヒーには、カフェインが多く含まれています。飲みすぎることにより、カフェインの過剰摂取になるために健康には良くありません。カフェインは、鉄分やカルシウムを減少させる作用がある為に、特に女性の飲みすぎはこのような栄養面での影響が心配になります。

カフェインは適量を取る事で、ストレス解消につながるのですが、飲みすぎることで、逆にストレスホルモンを活発にしてまう場合もあります。イライラしている時は、コーヒーの量も注意しましょう。

そしてカフェインの過剰摂取は、体が疲れても神経が麻痺してしまい、老廃物となって体内に蓄積されてしまいます。血圧が高くなる原因にもなるため、深刻な病気につながらないように、毎日飲むコーヒーの量は2杯程度にするとよいでしょう。

 

睡眠障害になる恐れ

カフェインは、アルコールと同様に長期間飲み続けていると、依存症となり慢性中毒になる場合もあります。毎日飲まないとイライラする、どうしてもコーヒーが飲みたくて我慢ができないなどの中毒症状があられます。慢性中毒の場合に一番多い症状が睡眠障害です。カフェインには興奮作用があるために、寝る食前のコーヒーは睡眠の妨げとなります。

コーヒーを飲んだほうが落ち着いて眠りやすい、という場合もありますが、寝つけてもすぐに目が冷めてしまったり、夜中に何度も目を覚まし、質の良い睡眠をとることが出来なくなります。コーヒーの飲みすぎは、このような習慣的な症状となって表れるために、コーヒーが原因と気がつかない場合もあります。

 

神経が過敏になる

コーヒーを飲み過ぎると神経過敏になり、いつも落ち着きがない症状が起こります。コーヒーには決してデメリットだけではなく、脂肪燃焼の効果などもあるために、目的に合わせて適量を飲むことが必要です。飲み過ぎると体には色々と悪影響がある為に、注意をすることが必要です。

特に神経過敏になるとイライラが続き短気になり、喧嘩を良くするようになったり、自分の感情をコントロールするのがとても難しくなってしまいます。このような飲み過ぎの症状が出てしまうのは、1日に3杯以上、長期間飲んでいる場合です。習慣で飲んでしまうコーヒーですが、飲む量には気をつけましょう。コーヒーは飲み方次第で、体には効果的にすることも出来るのです。

スポンサーリンク

うつ病を悪化させる可能性も

 コーヒーに含まれているカフェインは交感神経に働くため、アドレナリンを多く発生させてしまいます。一時的に興奮状態になる為にうつ病の場合には、症状を悪化させてしまう事も分かっています。特に抗うつ薬を飲んでいる場合には、カフェインの働きで効目が減少してしまうために、コーヒーの量は減らす事が必要です。

睡眠障害などもおこりやすいうつ病の方には、特にコーヒーの摂取量は注意をしましょう。一日多くても2杯までが適量です。コーヒーは飲みすぎると、体が脱水症状を起こしやすい為に、水分補給としてコーヒーを飲むことも避けないといけません。コーヒーを飲むとホッとしますが、飲みすぎることにより神経も麻痺してどんどん飲む量も多くなってしまいます。

 

肝臓機能への負担

コーヒーを飲みすぎると、肝臓への負担が増加します。肝臓は、体内にたまった老廃物を排出する為に、とても大切な機能を持っています。しかしコーヒーを飲みすぎることで、肝臓への負担がふえ、代謝機能が落ちてしまうことにつながります。コーヒーは飲み過ぎることで、内臓器官にもとても刺激となってしまいますので、たまにはお茶などに変えてみることも良いでしょう。

コーヒーは、適量を飲むことで、体にはとてもよいメリットが沢山あります。肝臓機能も同様で、飲みすぎなければ、肝臓機能を活発にするメリットがあるのです。肝臓機能が向上することで、デトックス効果もアップします。健康面での影響を考えながらコーヒーを飲むことが必要です。

 

いかがでしたか?

コーヒーを飲み過ぎると、色々なデメリットがあります。美味しいコーヒーも他の飲み物や食べ物と同様に、取りすぎは決して良くありません。コーヒーには、ポリフェノールが含まれている為に、エイジング効果にも良いのですが、メリットばかりを意識してしまうと、ついつい飲み過ぎてしまいます。

コーヒーを飲む方は特に、カルシウムとビタミンDを取ると栄養バランスが良くなります。コーヒーを美味しく飲むためにも、一日1、2杯にすることが理想ですね。コーヒーショップも各地にありますが、飲み過ぎないようにたまには我慢をすることも必要ですね。

 

 まとめ

 コーヒーの飲み過ぎによる5つのデメリット

・カフェインの過剰摂取
・睡眠障害になる恐れ
・神経が過敏になる
・うつ病を悪化させる可能性も
・肝臓機能への負担

スポンサーリンク

かぴばらニュース“をTwitterでフォロー!


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!