クリスマスの過ごし方☆おすすめ5つ

クリスマスの過ごし方☆おすすめ5つ

クリスマスの過ごし方は人それぞれです。でも以下のようなクリスマスの過ごし方をしていただければ、更に楽しいクリスマスになるのではないでしょうか。ぜひ参考にしてみてください。


スポンサーリンク


 

 クリスマスの過ごし方☆おすすめ5つ

 

その1.パートナーと過ごす

子どもさんたちが小学生なら、子どもさん達をご両親に預けることになるでしょう。お子さんたちが高校生以上なら、お子さんたちはお子さんたちで楽しみを見つけているでしょう。

二人っきりで何をします?忘れないでください、子供さんたちは一時あなたたちのもとにいるだけで大人になれば飛び立ってしまうものだということを、その時になって寂しい寂しいと思うより、もともとお互いがお互いのパートナーであることを忘れないでください。

じっくりと先のことなど語り合うもよし、美味しい料理に舌鼓を打つもよしたまにはお互いのことだけ考えて一緒に過ごすのもいいものです。お留守番の方たちにクリスマスプレゼントを忘れずに。

 

その2.家族と過ごす

夫か妻とお子さん達で、誰かがケーキを買って帰るのをお料理しながら待つのです。お子さん達を助手にして、得意の腕を振るってください。お子さんたちの作れるお料理のレパートリーを増やしてあげるのも大事なことです。お料理ができないと一人暮らしもできません。まともな食事をしない人を、若いうちから怖い病気が狙っています。

ケーキがそろえばあなた方ご一家のクリスマスパーティの始まりです。うんと楽しく、にぎやかに過ごしたいですね。無理のない範囲で、例えば一人500円づつプレゼント代を貰って、その範囲内でプレゼントを買いに行くのです。

誰から誰にあげるかは、名前を書いた紙を入れた箱か袋から1枚引いて、その人へのプレゼントを買うのです。誰からもらえるかはわからないけど誰にあげるかは分かっているってきっと楽しいですよ。あげる相手を普段よりよく見ないと何が喜ばれるかわかりませんしね。

近くに教会があれば深夜のミサに参加させてもらうのもいいですね。クリスマスの本来の意味を教えてあげるのも意味のあることです。

 

その3.友人達と過ごす

大切な友人たちと過ごすクリスマスもステキじゃありませんか?子どものころは近所の友人たちとクリスマスパーティを過ごしたこともあるでしょう?今日ばっかりは大人のお付き合いにしたいなと思ったら、早くから準備を始めて、どちらかのご実家のクリスマスに、お子さん達を混ぜてもらって、お正月には埋め合わせをしましょう。

クリスマスには夫婦共通の友人と過ごすもよし、お互いがお互いの友人たちと過ごすもよし「そういう日」を作ることも必要ではありませんか?そういうチャンスがないと、仕事に忙しい人たちは若い頃の友人を無くしがちです。

忙しくって友人づきあいどころじゃなくなって、流されるままに仕事をしてきたらいつの間にか年賀状だけの付き合いになってしまった、なんて寂しいことの無いように、子ども達にも理解を求めましょう。

幹事さんは早めに決めて、飛び切りのおしゃれをして颯爽と出かけましょう。但しけじめは大事です。パ-ティが終わったらあなたは元のあなたに戻って帰宅してください。

スポンサーリンク

その4.親たちも含めた家族で過ごす

ご両親と同居しているご家族が他にいるならなおのこと、親睦を深めるチャンスです。将来何があるかわからないのですから、なるべくいい関係でいたいもの、お台所の手伝いもあるでしょうし、差し入れもみんなで食べられて洗い物の少なくて済むものを選びましょう。にぎやかな3世代のクリスマスです。

誰か一人がお台所に閉じこもりにならないように、お互いに気配りして、みんなで楽しくにぎやかに過ごしましょう。早くからお台所を仕切る人達だけでいろいろ相談をして、誰の負担にも不満にもならないクリスマスを考えましょう。

両親に息子達に娘達、兄弟姉妹に兄弟姉妹の子ども達、いついつまでも仲良くしたいものですね。

 

その5.子ども中心に過ごす

この日は子どもの希望をできるだけ入れて、普段我慢していることを聞き出して解消してしまいましょう。外に遊びに行くにしても、プレゼントの変わりがディズニーランド1日券でも、お父さん、母さんも子どもに戻って思いっきりはしゃいで楽しく過ごしましょう。きっといい思い出になること請け合いです。

趣味のある子なら趣味に付き合って、普段できない経験をさせてあげるのもいいですし、普段行きたくても行かれないところにつれていってあげるのもいいですね。普段見たくても見られないものを見せてあげるそういうクリスマスプレゼントもあっていいと思います。

 

いかがでしたか?

どういう過ごし方をしても、自分も家族も、友人も楽しく幸せに過ごすということが大切です。どうぞよいクリスマスと新年を!

 

まとめ

クリスマスの過ごし方☆おすすめ5つ

その1.パートナーと過ごす
その2.家族と過ごす
その3.友人達と過ごす
その4.親たちも含めた家族で過ごす
その5.子ども中心に過ごす

スポンサーリンク

かぴばらニュース“をTwitterでフォロー!


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!