チワワのしつけで気を付ける5つの点

チワワのしつけで気を付ける5つの点(長田千恵)

チワワを飼おうとしている方、飼っている方必見です!

チワワは小さくて、軽いので抱っこも簡単。飼いやすい犬種でもあるかと思われます。しかし、小さいから困った点もあるので、その点を含めてしつけで気を付ける5つの点をまとめましたので、参考にして下さい。


スポンサーリンク


 

チワワのしつけで気を付ける5つの点

 

 その1.吠える声には厳しくしつけをすべし!

小さいから、臆病なところもあるからか、キャンキャンよく吠えます。小さい頃から飼えるのであれば尚更、飼い始めてから、その都度、注意して下さい。例えば、ペットボトルにビー玉を入れて、吠える度に、ワンちゃんの目の前で激しくガラガラ鳴らします。ワンちゃんにとって不快な音であり、びっくりして鳴きやみます。万が一、鳴きやまなくても、根気よくし続けて下さい。そうすると、利口な犬種でもあります。

鳴くと、不快な音が鳴らされると、身体で覚えて、しばらくすると、無駄吠えは減ります。これは根気がいりますが、初期に徹底的にすると、後が楽です。チワワは小さいので特に集合住宅に住んでいる方も多いかと思います。ご近所さんとのトラブルも回避できます。

 

その2.社会性を付けるためにもお散歩すべし!

チワワは小さいですし、家の中でも十分な運動量だからお散歩なんていらない。と思っている方、多いかと思われます。しかし、しつけの一環だと思い、できる限り散歩をしてあげてください。そうすることで、他の犬との関わりや、社会性を身に着けることができます。飼い始めが子犬だったり、お散歩慣れしていないワンちゃんに散歩をさせるのは、怖いのか、嫌がるワンちゃんもいるかと思われます。

最初は抱っこで外の様子を見せてあげて、その次に、歩く練習です。嫌がる中、引きずっても、お散歩をして見てください。どんなに、最初、嫌がっても、犬も動物です。外が嫌いなはずがありません。ワンちゃん自身がお散歩が好きだと思い始めて、しまいには首輪の音がするだけで、尻尾を振ってお散歩に行ってくれますよ。

 

その3.餌をあげるタイミングに気を付けるべし!

チワワちゃんは特に、自分が一番、気質を持っています。それに、かわいいので人間より先に餌をあげがちです。しかし、ここも心を鬼にして、ワンちゃんの餌を、人間の後にしてあげてください。このような、こまめなしつけが、チワワちゃんとの関係をより良好にすると思われます。

人間の子どものしつけも同じですが…。チワワちゃんが我儘な犬にならないためにも、天狗犬にならない為にも、かわいいならば、尚更、そうしてあげて下さい。そうしないと、飼い主さんのことを聞かないワンちゃんになってしまいますよ。特にチワワは注意しないと、自己中犬になりがちですので、日々の習慣で身に着けましょう。

スポンサーリンク

その4.なるべくおやつは控えるべし!

ご褒美のおやつは必需品ですが、それ以外におやつを欲しがっても、できる限りあげない方がワンちゃんの為でもあります。チワワは足が細く、折れやすいです。その足で身体を支えなくてはなりません。身体が重たかったら、支えている足への負担が大きくなってしまいます。日ごろから、おやつ食べの習慣をなくして、しつけをする上で、上手にできた時にのみあげる。体重管理にもなりますし、しつけがしやすくもなります。一石二鳥です。是非是非、そのようにしていただきたいです。

避妊手術をすると、食欲もでてしまい、餌も気を付けないと食べ過ぎます。チワワはただでさえ3キロ前後の軽い犬種です。数百グラムの体重の増加が、身体の割合から考えると大きな増加になります。ついつい、人間の体重の増加と同じに考えてしまいがちですが、小さいから尚更、しつけの中で、おやつを控える等して、たいっゆう管理をしてあげて下さい。それが、チワワちゃんの病気やケガを減らす近道でもあります。

 

5.ブラッシング等に慣れさせるべし!

ブラッシングは虫を落としたり、マッサージ効果もあるので欠かせません。しかし、チワワは特に小さいのでブラッシングのブラシは恐怖です。こちらも、小さいうちから、そして飼い始めから慣らしていきましょう。ブラシをしたら、餌かおやつをあげる。を繰り返していると、ブラシを見るといいことがあると考えてくれて、スムーズにブラッシングができるようになります。

そして、それが身に着くと、餌やおやつがなくても、ブラッシングが恐怖ではなくなり、簡単にブラッシングをさせてくれます。チワワちゃんは、ほめ言葉が大好きなので、出来た時は、たくさん褒めてあげて下さい。常に、目を見て褒める。そのようにしていると、褒められたい一心のかわいいチワワちゃんでいてくれます。

 

 いかがでしたか?

以上、最低限5つのしつけで気を付ける点を挙げてみました。どれも、簡単にできることです、飼っている方は是非是非、試してください。そして、これからチワワを飼おうかと思っている方は、頭の片隅に入れて、育ててみてください。チワワちゃんと良好な時間を過ごせること間違いないですよ。

 

まとめ

チワワのしつけで気を付ける5つの点

その1.吠えるこえには厳しくしつけをすべし!
その2.社会性を付けるためにお散歩すべし!
その3.餌をあげるタイミングに気を付けるべし!
その4.なるべくおやつは控えるべし!
その5,ブラッシング等に慣れさせるべし!

スポンサーリンク

かぴばらニュース“をTwitterでフォロー!


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!