ブーケを手作りでする時の5つのポイント

ブーケを手作りでする時の5つのポイント

結婚式のブーケを自分で作ってみませんか。まずは、お友達や自分のブーケを作ることから1歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

初心者の方には敷居が高く、責任も重大。だけど、責任重大だからこそ、フラワーアレンジメントが上手になるいい機会だと思い、1つの目標として一緒に目指していきましょう。


スポンサーリンク


 

ブーケを手作りでする時の5つのポイント

 

その1.行きつけの花屋を見つけましょう

お花屋さんは街には必ずあります。冠婚葬祭。どんな場面でも必要だからです。まずは、お花1本から買ってみて、行きつけのバーや飲み屋ではなく、行きつけの花屋にして、顔を覚えてもらいます。その際の注意は、なるべくならば自分の好みにあった花屋がいいです。そして、足を運んでいるうちに、自分がブーケを作ってみたいと打ち明けます。そうすると、欲しい花や、ブーケに必要な資材等も売ってくれます。

 

その2.お花の雑誌等で研究しましょう

お花屋さんに、体当たりで話すのが苦手な方は、雑誌や本に、わかりやすく作り方が出ているので、何回か練習すれば、いいかと思われます。しかし、ブーケで肝心なお花選びには、結局は花屋で花集めをすることになるので、やはり、お花屋さんを味方につけることが、成功への道だと思われます。ブーケの作り方が出ている雑誌を見て頂くとわかりますが、なんとか、できてしまいそうな気持になることと思います。

その3以降は少しでもブーケっぽく見える秘訣を書いていきたいと思います。

 

その3.色に関心を持ちましょう

真っ白なブーケだけならば、グリーンと白でまとめれば、配色は関係ないので、必要ないことですが、お色直し用のブーケをする時は、配色が命だったりします。配色がいいと、多少、形が残念になってもごまかしがききます。ドレスの色とお花の色、そしてブーケを持つ方の好みを押さえれば、思い出に残るブーケに近づけます。

スポンサーリンク

その4.グリーン(葉っぱ)も重要です

まだブーケを作ることに慣れていない方が、お花だけでブーケを作ろうと思うと、形を作る際にごまかしがききません。ブーケの形は、丸い形・ドロップ型・流れる滝のような長いブーケ・花束型に分けられます。

お花だけで、丸い形のブーケを作りたいと思ったら、何度も練習をした方がいいです。形が命ですから。その点、ドロップ方や流れる滝のような長いブーケ、花束型のブーケだと、ナチュラルな感じをアピールする分、グリーンでごまかしをきかせることができます。

そして、もう1点、ごまかせるポイントがあります。グリーン(葉っぱ)を1種類ではなく2種類以上使用すると、よりごまかせることができます。ちょうど、イギリスの庭園をイメージしてみてください。そこから、晴れの日に一番きれいな花をつんで作った花束。そんなイメージで作ります。そうすると、形よりもナチュラルな感じがより、技術力よりも感覚で作ることを許されます。

だからと言って、練習の必要がないといったらそういう訳ではありません。花に慣れるためにも、ぶっつけ本番でするには、結婚式のブーケはリスクが高いです。でも、安心してください。本屋さんでイギリスの結婚式のブーケを見てください。庭園から摘んで花束にしているものを持ったナチュラルなブーケ。これなら、私にもできるかもという気持ちになると思います。

その2でもあげたように、とにかく、雑誌や写真集等で見ることをすすめます。そして、これならできるかも…。といった気持ちが必要なのでしょう。ご自分の式で使うブーケであれ、友人のブーケであれ、知人が作ってくれたブーケの方が持っている方の感動的な思いでの一場面になりますから。

 

その5.リボンの使い方の研究しましょう

普段、結ぶという行為をしないため、簡単な蝶々結びでも、きちんと結ぶとなると難しく思えることもあります。日ごろ、結ぶことに意識している方はいいのですが、そうでない方はしっかり結ぶ練習も必要になってきます。ブーケはお花の次にリボンが必需品になってきます。そして人の目を引きます。結婚式にリボンが外れてしまっては、縁起もよくありません。だから、練習をしてみてください。

その4ではブーケの形についてざっと書きましたが、その5では、ブーケの方法についてざっと書かせていただきます。オアシスがついているブーケホルダーを使う方法と、花束風のブーケでは茎を見せるタイプのブーケ。そしてワイヤーで作るブーケとこの3つの方法があります。今までフラワーアレンジメントを習ったことのない方は、花束風のブーケか、ブーケホルダーを使用するブーケを作ることになると思います。

その際、花の茎にリボンを結ぶとしても、ブーケホルダーにリボンを結ぶにしても、滑ってしまったり、思った形になりにくいです。リボンの結び方の練習は必ずしてくださいね。リボンの結び方、上手になりましょう。

そして、ドレスにあったリボンが見つかれば、それっぽく見えますよ。少し、大き目のリボンを使って、ごまかすのもいいかもしれません。

 

いかがでしたか?

ブーケを作ったことのない方もなんとなくできるような、気がしてきませんか。数を作っていけば、それっぽくなっていくものです。もちろん、最初は失敗もつきものですが、練習中に失敗をしておけば、本番にひびきません。

なので、失敗を恐れている方はまずは、練習をしてみることをオススメします。そして、お花からたくさんのパワーをもらって、自分も元気になって下さいね。

 

 まとめ

 ブーケを手作りでする時の5つのポイント

その1.行きつけの花屋を見つけましょう
その2.お花の雑誌等で研究しましょう
その3.色に関心を持ちましょう
その4.グリーン(葉っぱ)も重要です
その5.リボンの使い方の研究しましょう

スポンサーリンク

かぴばらニュース“をTwitterでフォロー!


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!