ブレンドコーヒーを上手に淹れるための5つのコツ

コーヒーの香りってなんだか落ち着きますよね。一日1杯は必ず飲まないと落ち着かないというコーヒー党の人は、香りをかいだだけで飲みたくなってしまいます。コーヒーの香りってなんだか落ち着きますよね。一日1杯は必ず飲まないと落ち着かないというコーヒー党の人は、香りをかいだだけで飲みたくなってしまいます。

そんなコーヒーに魅せられて、中には自分の好きな豆をブレンドしてオリジナルコーヒーを楽しんでいる方も多いようですね。

今回はブレンドコーヒーを上手く入れるためのコツをいくつかご紹介したいと思います。


スポンサーリンク


 

ブレンドコーヒーを上手に淹れるための5つのコツ

 

ブレンドについて

ブレンドコーヒーとは、それぞれの特徴を活かしながら複数の種類のコーヒー豆を混ぜてブレンドする事です。。ブレンドに対して「モカ」「ブルーマウンテン」など1種類のコーヒー豆を使ったコーヒーを「ストレート」と言います。

人それぞれ美味しいと思う基準は違いますが、ブレンドする事によってストレートコーヒーでは味わえない美味しさをを実現する事ができます。コーヒー豆の種類は非常に多いので、ブレンドでは無限のパターンが作れますが、ブレンドする豆の種類が多すぎるとバランスが崩れてしまいます。一般的には3~5種類の豆で作られる場合が多いでしょう。

 

豆について

自分好みのコーヒー豆で入れたブレンドコーヒーを飲みたいという方は、まず豆を選ぶ事から始めましょう。

一番良いのはコーヒーに詳しい店員さんがいる専門店で相談しながら選ぶ事ですね。その店のハウスブレンドから試してみて、次回から酸味や甘味、苦味など自分の好みを伝えていけば理想のコーヒー豆にめぐり会えるはずです。

ある程度自分の好みがわかったら市販のコーヒー豆も選びやすくなりますが、その際に注目してほしいのは裏面の表示です。メーカーごとに多少の違いはあるものの、コーヒー豆には生産国名の表示が義務つけられています。

生産国が「ブラジル」のみの場合もあれば「ブラジル・コロンビア他」と表示されている場合もありますので、自分好みの生産国のコーヒー豆を選ぶ事ができます。また「モカブレンド」など「豆の名前+ブレンド」の場合は、モカが3割以上使われているという意味になります。

 

水について

ブレンドコーヒーの味にこだわるなら、使う水にもこだわりたい所です。

水の硬度が変わる事で淹れるブレンドコーヒーの味わいも変わってきます。軟水にはミネラル分が少なく、コーヒーの成分にも影響が少ないので、味わいはマイルドで酸味が際立ちコーヒーそのものの特徴が出やすくなるでしょう。

硬水にはミネラル分が多く含まれているので、コーヒーの成分と反応しやすくなり、特に苦味が強くなるでしょう。

日本の水道水なら、十分コーヒーにも使えます。ポイントとなるのはカルキ抜きをする事、朝一番の水道水を使わない事、長時間煮沸したお湯を使わない事などがありますが、特に気を付けたいのは鉄分です。

鉄分はコーヒー豆に含まれるタンニンと混ざって味や色に悪影響を与える場合があるので、古い水道管の水は使わないようにして下さい。

スポンサーリンク

器具について

ブレンドコーヒーを淹れるための器具にも様々な種類がありますが、器具によっても風味や味わいが異なってくるのも確かです。

定番のコーヒーメーカーなら、コーヒー豆と水の量をキッチリ計って淹れれば安定した味を楽しむことが出来ます。今は「浄水機能」や「蒸らし機能」が付いているモノもあるので機能で選ぶのもおすすめですね。

ペーパーフィルターは、手軽なのと豆の持つ特徴をストレートに抽出できるのがメリットです。

ガラスごしに過程が楽しめるサイフォンは、確かに手間がかかりますが、その分淹れたブレンドコーヒーは格別に美味しく感じるでしょう。

フレンチプレスは日本で紅茶用として使われる事が多いですが、元々はフランスでコーヒーを淹れるために使われていた器具です。金属フィルターでコーヒー豆を押し潰すので、濁りやすい傾向がありますが、粗挽きのコーヒー豆がお好みの方にはちょうど良いでしょう。

 

名脇役!カップ・シュガー・ミルクについて

カップの素材や厚みでコーヒーの味や口当たりが変わってきます。コーヒーは熱すぎるより少し冷めた状態の方がしっかりと味が感じられるので、上部は飲みやすいように薄く、下部はしっかりと厚みがあるカップがおすすめです。また冷めにくいように淹れる前にカップとソーサーを温めておく手間も忘れないようにしましょう。

ブラック派のかたでも、疲れている時などは少し甘いコーヒーが飲みたくなる事もありますよね。そんな時は入れるシュガーも選んでみましょう。最適なのはやはりコーヒーシュガーです。

カラメル溶液を加えてブラウンに着色されたシュガーは、ゆるやかに溶けていくので飲んでいるうちに甘さが変化します。無難なのはグラニュー糖で、溶けやすくスッキリとした甘さがコーヒーによく合いますね。ダイエット甘味料などを使いたい方もいるでしょうが、中には味に変化が出てしまう商品もあるので気を付けましょう。

コーヒーの味を損なわないミルクも種類を使い分ける事ができれば、ブレンドコーヒーを楽しむ幅も広がります。牛乳は濃い目のコーヒーと混ぜてカフェオレにしたり、ホイップして浮かべるなどのアレンジが楽しめますよね。

液体クリームは植物性と動物性がありますが、植物性はアメリカンなどの軽いコーヒーに、動物性は濃厚なので濃い目のコーヒーによく合います。ベトナム風コーヒーならコンデンスミルクを入れてデザート感覚を楽しめますよ。

 

いかがでしたか?

ブレンドコーヒーは奥が深いので、こだわりだせばキリがないでしょう。しかし美味しいコーヒーを飲む事は精神的にも落ち着く事ができますし、一日の楽しみだったりしますよね。

自分好みのブレンドコーヒーを楽しみたい方は、是非参考にしてみて下さいね。

 

まとめ

ブレンドコーヒーを上手に淹れるための5つのコツ

・ブレンドについて
・豆について
・水について
・器具について
・カップ・シュガー・ミルクについて

スポンサーリンク

かぴばらニュース“をTwitterでフォロー!


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!