嵐の動画でこれはおすすめしたい!5選

嵐の動画でこれはおすすめしたい!5選嵐のファンになったきっかけは人それぞれだと思いますが、動画サイトの動画でハマったという方も多いのではないかと思います。

特に初期〜2007年頃までの深夜帯や関東ローカルの番組のクオリティの高さは異常で、現在の冠番組よりも面白いのではないかと思っています。

動画サイトではこれらの番組を今でも視聴することができ、休日などは一日動画めぐりに費やしてしまうことも。本日は、おすすめしたい嵐の動画を5点、ご紹介したいと思います。


スポンサーリンク


 

嵐の動画でこれはおすすめしたい!5選

 

伝説のGの嵐!「お絵描き神経衰弱2 櫻井画伯と大野画伯!」

ブレイク前夜の嵐といえば、「なんか面白い深夜バラエティやってるジャニーズ」という印象でした。現在もジャニーズの若手ブループが深夜帯に冠バラエティをやっていますが、嵐にもそんな時代があったのです。

嵐のバラエティは、ロケが多くしかしTOKIOのような体育会系ではなく、どちらかというと文化系の男の子たちが必死にことにあたっている、その姿が爆笑を呼んでいました。ほんとに真摯に体当たりしていましたよね・・。その中からお勧めしたい嵐の動画を1点。

今の嵐にも通じる、格好をつけない等身大の姿が見られる「Gの嵐」から、「お絵描き神経衰弱 大野画伯と櫻井画伯」です。この動画では、大宮の蜜月感、相葉の天然など、様々な萌えが見られますが、何よりも注目してもらいたいのが「櫻井翔のいじられぶり」です。

この頃から櫻井は司会のような位置を担当することが多かったのですが、現在の大物芸能人の迫力が出てしまった櫻井翔になる前の、かわいらしい一面を見ることが出来ます。

 

伝説のまごまご嵐 「まごまごボート部」

この番組の基本フォーマットは、嵐の中の2名がコンビとなって全国のお年寄りのもとへ行き、「一日孫になる」というものです。

しかしこの「まごまごボート部」は、嵐5人が「光さん」というおじいさんの「ボート大会に出場したい」という夢を叶えるため、ボート部となって挑戦するというドキュメント仕立ての企画となっていました。

メンバー一人一人の個性にクローズアップした演出が秀逸で、若き日の嵐が部活動を通して団結していく姿がとても感動的です。嵐ファン全員に見てもらいたい動画です。

 

伝説のジャニーズJr.大野智のガチダンス

ジャニーズJr.時代の大野智は、舞台を中心に活動していたメンバーでした。京都で行っていたロングラン公演の主演、座長をつとめていたのが大野智。

そこで実力を認められ、伝説のジャニーズJr.として名をはせた、というのは聞いたことがある人も多いと思うのですが、では、大野智がどんなJr.だったのか?というと、テレビではほとんど映像が出回っていないことから、よくわからない、というかたがほとんどでしょう。

そこでこの動画です。この動画ではメインの東山紀之のバックで見きれながら踊るJr.・大野智が確認できます。ダンスに定評のある大野智ですから、歴代のソロなどの動画はたくさんあります。

この動画の特筆すべきところは、東山の後ろで、バックダンサーとして振り付けに忠実に丁寧に踊るJr.・大野智の姿です。

彼の本来のダンスは少し癖があります。それも魅力のひとつなのですが、本当は綺麗に踊れる人でもあるのです。これは今ではめったに見られない、大野智の神経質な丁寧さを感じて頂ける動画です。

また彼はこの翌年、東山の位置で同じ曲を踊る姿も披露しており、動画も存在します。そちらでは彼の持ち味が出ていて、同じダンスながら雰囲気が全く違いますので、是非見比べてください。

スポンサーリンク

松本潤キスシーン きみはペットより

優等生アイドル・嵐のキスシーン及びアダルト表現を一手に引き受けている松本潤ですが、彼を語る時に「花より男子」「道明寺司」は避けて通れないと思います。

しかし一方で「きみぺ」「モモ派」という一派がいることをご存知でしょうか。2003年のドラマ「きみはペット」で松本潤は「モモ」という役を好演しました。

若干20歳の松本潤の青さというかガツガツさがオーラとなってゆらめいている感じがたまりません。

 

にのあいブギダン Jr.時代

相葉雅紀と二宮和也は、ジャニーズJr.時代からシンメコンビを組んでいました。この動画は「にのあい」と呼ばれるふたりの、Jr.時代のパフォーマンスの映像です。ジャニーズのタレントはほとんどがJr.の時代を経ていて、目立つ存在になると「シンメ」が認められるようになります。

やがて「シンメ萌え」と呼ばれるコンビ単位での人気も出てきて、それもジャニーズの楽しみ方の一つなのですが、私はこの「にのあい」がジャニーズ最強の「シンメ」だと思います。

ふたりは顔立ちや佇まいなど、どちらかというとあっさりしていて、当時は地味ーズJr.などと揶揄されてもいましたが、この動画を見るとわかるように、パフォーマンスから薫るアイドル性は計り知れないものがあります。

正反対の個性をもち、強力な磁場を発生する「にのあい」は、嵐のアイドル性の増幅装置でもあるのです。それにしても、ふたりとも変わらないなあ・・Jr.時代からやっぱり凄いですね。

 

いかがでしたか?

嵐の魅力を再発見するおすすめ動画を5点、ご紹介しました。その先のブレイクに繋がる萌芽を感じて頂けたのではないでしょうか。そして変わらない輝きも・・。

 

まとめ

嵐の動画でこれはおすすめしたい!5選

・伝説のGの嵐!「お絵描き神経衰弱2 櫻井画伯と大野画伯!」
・伝説のまごまご嵐 「まごまごボート部」
・伝説のジャニーズJr.大野智のガチダンス
・松本潤キスシーン きみはペットより
・にのあいブギダン Jr.時代

スポンサーリンク

かぴばらニュース“をTwitterでフォロー!


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!